日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー


義左衛門
 「そろそろ、この物語の副題なとつけてみてはいかがでしょう?」

彦右衛門
 「副題?つけると何かよいことでもあるのか?」

義左衛門
 「はい、やはり他でこのタイトルを見た方に興味を持って頂ける確率が増えまするな。」

彦右衛門 
 「そうすると、兵力の増強が図れるというわけか。」

義左衛門
 「左様にござりまする。」

彦右衛門
 「うーん、となると考えねばならんが、何かええ題名がないかのう……。おい、章之進!」



 ぴこぴこぴこ

章之進
 「呼びましたかぁ?拙者、ゲームで忙しくて手が離せんのですけど。」

彦右衛門
 「こ、こいつ、完全になめきっとるな。んん?それはまた面白そうなゲームじゃのう。」



icon
icon



章之進
 「戦国無双2iconでござりまする。戦国時代の武将に扮して、幾多の敵を粉砕するゲームにて、それはそれは爽快ですぞ。前作よりもかなりパワーアップしておりまする。」

彦右衛門
 「ほっほう、どら横にどいておれ!拙者がプレイして進ぜようほどに。」


 ぴこぴこぴこ

彦右衛門
 「こりゃ面白い!千人斬りいったらんかぁい!む、はぁ、とぉ、や!」

義左衛門
 「おーい、城主様ぁ!サブタイトルを考えて下されや!」

彦右衛門
 「知らん、今忙しくて手が離せんから、章之進と相談してくれや!」

義左衛門
 「もう困った御仁にござるのう。章之進、章之進、ああ!もう一台テレビ買っとるッ!お前、軍資金はなしのつぶてじゃと言うとるに!しかも、ゲーム機まで買っておるじゃないか!」


 ぴこぴこぴこ

章之進
 「いやー、城中も退屈であってはいかんと思いましてな、なかなかに良き城構えになってきもうした。」

義左衛門
 「お前なぁ……。それより、早くサブタイトルを考えてくれや!」

章之進
 鼻くそほーじほーじ

 「ええー、何でもええですやん。彦右衛門様が丁度ハマっておられるし、目指せ戦国無双にでもしといたらぁ?」

彦右衛門
 ぴこぴこぴこ

 「あー、面倒だからそれでええわ!題名なんて適当適当。『戦国』は入ってるしいいんじゃなぁい?」

幸之助
 「これで決まりのようダニ!どら、拙者にもやらせるダニ!火縄銃を使えるキャラがいいんダニ。」

義左衛門
 「じゃあそれで決まりということで。皆の衆、ずるいですぞ、拙者にも少しはやらせて下され。真面目に軍議を開いておるのは拙者だけで、もうウズウズしておったのでござる。どら、知将タイプの武将はどれですかな?」

俊丸
 「ああ、諜報から帰って見れば、そんな面白そうなもんやっておるデブか。拙者にもやらせるデブ。忍者はおらぬか、忍者はおらぬか?」



ぴこぴこぴこぴこ



 こうして夜はふけて行き……


彦右衛門
 「お、おええええ、三次元酔いが!」

義左衛門
 「や、やり過ぎたぁ!拙者もでござるぞ!」

章之進
 「年寄りはこれだから嫌でござるな。」

俊丸
 「まったくデブ。時代に取り残されるデブよ!」

幸之助
 「何をやってるダニか。そんなでは城撮り戦国無双などと言えないんダニ。」

章之進
 「でもさぁ、よく考えたら戦国時代に城を写真で攻め撮ってる人間なんていないから、もう戦国無双じゃぁん?」

幸之助
 「いいところに気がついたダニ。既に、目標は達成してるダニ!」

章之進
 「そうすると、さっぶいタイトルですなぁ!あ、だからサブタイトルなんだ!納得……うまいな俺!それより、こんなタイトルに誰がしたんですかのう、全く。」


彦右衛門、義左衛門
 青ざめた顔で

 「お前じゃろがい!」



 数日後、


 <高札>
  

 
領内の子供衆に告ぐ。ゲームのやり過ぎには重々注意すべし。


                   彦右衛門 在判





 
城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む

スポンサーサイト
彦右衛門
 「前回の岩屋城での大失態を放置する訳にもいかん。全軍に示しがつかぬゆえ、俊丸は罰さねばならんがどうするかのう………。」

義左衛門
 「左様にござりまする。放置はできませぬが、俊丸は乙子城以来、戦功も大きうござりまする。まずは召し出して尋問致されてはいかがでしょう?」

彦右衛門
 「よし、俊丸を呼べ!」

 スタスタスタスタ

俊丸
 「お召しにより参上仕った!」

彦右衛門
 「あれ?俊丸?」

俊丸
 「左様にござりまする。」

義左衛門
 「お主、かなり痩せたのう……。しかも、語尾のデブまで取れて痛々しいのう。」

俊丸
 「先般の大失態以来、心を痛めており申したが、その為このような身体に相成ってござりまする。」

義左衛門
 「ふむ、彦右衛門殿、これは罰の必要はないのではござりますまいか。我が将兵も俊丸の戦功は知っておりますれば、これ程の心労を重ねた身体を見れば罰を与えずとも納得致すでござりましょう。」

彦右衛門
 「そうじゃのう。俊丸、この度の罪は問うまい。これからも我が軍のために尽くしてくれい!」

俊丸
 「はは、有り難き仕合せにござりまする。これからも粉骨砕身して彦右衛門様を助けましょう!」

 (しめしめ、最近行商を通じて手に入れた秘伝の丸薬グリーン・デトックスが効いてくれたデブ。しかし、良く効いたのう。今晩からはちょっと緩めて、今まで通り好きなもんを食うデブ。この手はこれからも使えるデブ。また痩身効果の高い丸薬を手に入れておかねばのう。我が秘術、痩身の術に終わりはないデブ!)



 城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む

義左衛門
 「またも新たな喧伝法を聞きつけて参りましたぞ!今回はブログホイホイに御座りまする。これはゴキブロガーと呼ばれる油虫共を通じて、我が軍の活動を世に喧伝致す方法にござりまする。」

彦右衛門
 「ほほう、油虫を通じて喧伝とは面白い。しかし、そのように油虫が集まるものなのか?」

義左衛門
 「はい、ブログホイホイには他の油虫共が喜ぶ材料が御座りますゆえ……。しかし、当方からも油虫を装った間者を放たねばなりませぬ。」

彦右衛門
 「そりゃ、もう章之進に任せておけばよかろう!」

章之進
 「また私ですか?油虫の格好なんて嫌ですよ!」

彦右衛門
 「今度の褒美は、今売り切れ続出のニンテンドーDS ライト エナメルネイビー iconかなぁ……。福岡の市も近いことだし、これくらい手に入れるのは今の拙者には造作もない事なんだけどなぁ……。」

章之進
 「やりまひょ!すぐ行って参ります。」

 そそくさと着替えて、

章之進
 「では、吉報をお待ちあれ!」

 がさごそ、がさごそ、しゃしゃしゃしゃしゃ!

義左衛門
 「相変わらず単純に御座りますな。しかし、あの格好……ぷぷっ。」

彦右衛門
 「くくく、笑っちゃ悪いって!」

義左衛門
 「それはそうと、そろそろ忍びも必要になってきましたな。いつまでも素人の章之進に任せておくわけにも参りますまい。新たに仲間を一人増やしとうござるぞ。」

彦右衛門
 「それなら先般、福岡の市で商いを営む伊賀者がおったわ。確か、伊賀の俊丸と申しておったな。伊賀者は油断ができぬが、奴ならば力になってくれよう。早速、仲間になるよう伝えておこう。」

義左衛門
 「御意!」







 城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む

義左衛門
 「彦右衛門殿、我が軍の細作の報告によりますと、『もーっとアクセスアップ』なる商人を介して我が軍の情報を広める方法があるとか!」

彦右衛門
 「ほほう、して、いかようにするのじゃ?」

義左衛門
 「まずは彼の商人によしみを御通じなされませ。以後はその商人を通じて、各所に我が軍の細作を放ち、その細作が各所を見回った分だけ諸国に我が軍を喧伝するカラクリにてござりまする。」

彦右衛門
 「よし、いかほどの効果があるかは知らんが、やってみる価値はあろう。章之進よ、すぐに使いに走ってくれい!」

章之進
 「ほーい、でわ行って参りまーす!」

 数刻後、

章之進
 「よしみを通じて参りましたぞ。後は細作を放つだけにござりまする。」

彦右衛門
 「でかした!では、早速細作を放つのじゃ!!」


【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)



 城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む

彦右衛門
 「こんだけ城を乗っ撮ったけど、動員可能兵力は増えてないのう。」

義左衛門
 「確かに。もっと戦果をアピールせねばなりますまい。我が軍の優秀性を世間に知らしめるのでございます。」

彦右衛門
 「ふむ………。何か良い方法はあるのかのう。」

義左衛門
 「はっ、まずはブログランキングあたりに登録なされてはいかがかと。我が軍の活動を知った者達が、ポチポチとバナーを押して下さり、世間に噂を広めることができましょう。」

彦右衛門
 「うむ、では良きにはからえ。」

章之進
 「へーい!」

彦右衛門
 「もう野武士じゃないんだからさ、その『へーい!』っての止めないかな。」



 城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。