日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

<三星城>


 三星城(みつぼしじょう)の歴史は、応保年間(1161~1163)に平家に属する渡辺長寛が居館を構えたことに始まる。


 14世紀中頃には、南北朝動乱の最中にこの地に地頭職を与えられた後藤氏が城主となった。


 やがて、北朝方の足利幕府は将軍尊氏と弟の直義が対立し、観応の擾乱が始まる。この争いは2代将軍義詮(よしあきら)と直冬(ただふゆ)(尊氏の庶子で直義の養子)に引き継がれ、直冬は南朝方に帰順する。


 後藤氏は美作守護で将軍方の赤松氏についていたが、康安元年(1361)、直冬に属していた山陰の山名時氏が美作に侵攻するに及び山名氏に降った。


 この後、明徳2年(1391)、明徳の乱で山名氏清が失脚し備前守護に赤松氏が復帰すると、後藤氏は赤松氏に服属することになる。


 さらに時代は下って嘉吉元年(1441)、嘉吉の変で赤松氏が没落し山名氏が美作守護になると、後藤氏はまたしても山名氏に服属することになった。


 応仁の乱が始まると、今度は一転、赤松氏について細川勝元の東軍に属し、西軍の総帥山名宗全に敵対する。


 応仁の乱の後は、美作守護に返り咲いた赤松氏の勢力下にいたが、赤松政村が家臣の浦上村宗に殺されると、後藤氏は浦上氏に服属した。


 こうして諸勢力の間を転々とした後、浦上氏の下で勢力拡大を図るが、やがて美作には出雲の尼子氏の勢力が浸透し始め、後藤氏もその傘下に入る。


 しかし、尼子氏も毛利氏の為に力が衰え始めたので、後藤勝基は浦上宗景と結んで梶並川を挟んで三星城の対岸にある林野城を攻めた。この戦いは城方の反撃を喰らって失敗に終わるが、尼子の武将、川副久盛(かわぞえひさもり)が出雲に引き揚げたので、林野城は後藤・浦上連合軍の手に落ちた。


 この頃に後藤勝基は、浦上家で頭角を現していた宇喜多直家の娘を妻に娶ることとなった。浦上宗景の命令によるものであった。


 やがて美作に毛利氏の勢力が及び、永禄8年(1565)5月、毛利氏を後盾とする備中松山城の三村家親に三星城を攻められるが、勝基は天然の要害を利してよく守り抜き、三村勢の攻勢を防ぎきった。


 この時、後藤勝基は宇喜田直家の娘を嫁に迎えていたので、宇喜田方の猛将・馬場職家が三星城に加勢に来て、三村方の兵を相手に大暴れし、功名を立てている。


 また、三村方と後藤方の間で、次のような狂歌の応酬も行われたという。まず三村方から次の矢文が射ち込まれた。


 井楼(せいろう)を上げて攻めるぞ三星を天神そへて周匝(すさい)くひ物


 天神とは浦上宗景の居城、天神山城のことであり、周匝(すさい)とは茶臼山城のことである。


 これに対して、城方も次の矢文を返した。


 天神の祈りのつよき三星をなりはすまひぞ家ちかにおれ


 このような狂歌の応酬があり、戦況が膠着状態となる中、三村家親は力攻めをすることなく備中に引き揚げていった。


 こうして勝田、英田郡を制し美作東部を支配下に置いた後藤勝基であるが、自分の舅である宇喜田直家が下克上により浦上宗景を滅ぼし、美作進出を目論むに及んで両者の仲は険悪となる。


 この状況下、宇喜田勢は延原弾正景能、花房職之を大将として1万余の軍勢を進発。美作諸城を次々と攻略し、天正7年(1579)4月に三星城の攻略を開始した。


 城方は500人余り(城の案内板には6千騎とされているが、あまりにも多すぎよう。恐らく、宇喜田直家による美作東部攻略戦当初の美作東部諸軍の総軍勢だと思われる。)が籠城し各曲輪をよく守ったが、宇喜田方の調略の手が伸び、寝返りが出て誅殺が行われるなどして徐々に力を奪われた。 このあらましは物語にある通りである。


 結局、三星城は宇喜田方の忍びが放ったものと思われる火で、城の所々の陣屋が燃え上がり、同時に攻め寄せた大軍に衆寡敵せず、落城の憂き目をみることとなった。


 後藤勝基は城の一方を破って脱出したが、追手が厳しく、逃げる途中で自害した。『美作太平記』によれば長内村の大庵寺、『備前軍記』によると長内村の隠れ坂という場所であったという。享年42歳。 それは美作東部を支配していた後藤氏の滅亡の瞬間でもあった。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

 一方こちらは本丸の俊丸忍者隊


俊丸
「さぁてと、火の回りがかなり早いデブ。我が忍者部隊でさっさと本丸回りを攻め撮っておくデブ!」


本丸

本丸曲輪跡

 木が鬱蒼と茂っている。南側(写真右)にも曲輪跡があり、その東側の斜面に竪堀も見ることができる。写真に撮ってはみたものの、普通の薮にしか見えないので(え、この本丸跡もか?)カット(笑)。


俊丸
「続いて西の二の丸デブ!かかれ、かかれ!!」


二の丸を展望台から望む

西の丸の東にある展望広場から二の丸を望む

 坂は強烈に急である。這うようにして登ると二の丸にたどり着く。高所恐怖症の人にはお勧めしない。


 本来は、本丸か三の丸から尾根伝いに行くべきなのであろう。でも、登って下さいと言わんばかりに木が伐ってあるので、思わず登ってしまった(笑)。


 周囲の木を伐ってあるので、頂上は見晴らしがとてもよい。三星城の戦略的価値が一目で分かるであろう。


 山に登らずに左手に進めば井戸があり、さらに進めば本丸に到る。井戸については、後述する。


西の丸を守る後藤方の兵
「おお、二の丸にも火の手が上がっておるぞ!」


「二の丸も落ちたか!」


「これはもう持たんぞ。」


俊丸
「ふふふ、後藤の兵め、大慌てデブ!お、彦右衛門様の本隊も西の丸攻撃に取りかかられたようデブ。」


二の丸から

二の丸から北方向の眼下を望む


俊丸
「よし、我が隊は続けて三の丸攻略に向かうデブ!下と上から西の丸を挟み撃ちにするデブよ!別働隊を井戸にも差し向けるデブ!」


忍者
「ははっ!すぐにかかりましょう!」


 シュタタタタ!


井戸

三星城井戸

 山の中腹に残る井戸。地元の人の話では、どんなカンカン照りの日が続いても涸れたことがないそうである。また、どんなに曇っても、井戸にはいつも3つの星が綺麗に映るというので、この山が『三星山』と呼ばれるようになったそうである。


 地元の人が昔、水を汲み出したところ、刀の鞘やかんざしが出て来たとか。後藤一族のものだったのであろう。


 昔はこの辺りに洞窟もあって、それは落城時の緊急脱出口だったとの言い伝えがあったそうである。現在はふさいでしまったのか、そういうものは見当たらない。


俊丸別働隊の忍者
「よし、井戸は押さえた!すぐに本隊に合流するのじゃ!」


三の丸

二の丸から三の丸を望む


 俊丸忍者部隊の攻撃により、守備兵も殆どいなかった三の丸もあっけなく落ちた。


俊丸
「よし、西の丸へ攻め下るデブ!」


西の丸への道

展望広場から西の丸を望む

 奥の林が西の丸跡である。左手には登り土塁があり、膝くらいの高さの土塁が西の丸方向に向かって伸びている。そのすぐ右には、小曲輪跡が無数にある。西の丸跡も今後整備される……ことを期待したい。


義左衛門
「おお、俊丸が遂に西の丸へ来ましたぞ!」


彦右衛門
「よし、城方の抵抗もここまでじゃな。最終兵器を出すぞ!」


「俊丸、米蔵の糧食は全部お前に与えるから、一気に攻め撮れ!」


俊丸
「で、で、で、で~んぶ!?うおおおお!!」


城兵
「くうう、先程からの戦いで身体が動かぬ。最早これまでか!」


 彦右衛門勢の絶え間ない攻撃に疲れ果てていた西の丸守備隊は、更なる攻撃に耐えられず次々と討ち撮られていった。最後に残った兵達も、燃えさかる火の中に飛び込み次々と自撮していった。


彦右衛門
「三星城、遂に攻め撮ったり!」






 一方、城主の後藤勝基は28人の家臣と共に、囲みを破って落ち延びようとしていた。しかし、これを目ざとく見つけた者がいた。


章之進
「おお、あれに見えるは後藤勝基!最早、手負いの弱兵じゃ!逃がさずに討ち撮れ!」


章之進の兵
「おお、またもや美味しい!やりまっせ~!」


 章之進隊の追撃は厳しく、勝基の家臣は次々と討ち撮られていき、勝基一人が残るのみとなった。


後藤勝基
「最早これまでか。潔う自撮致す故、良く見届けよ!」


章之進
「そういうことなら、はい。タイマーは10秒後に合わせてあるから、よろぴく。」


後藤勝基
「かたじけない。では見届けよ!」


 ジー、パシャ!


章之進
「御見事な最期でござった。これ、この写真を彦右衛門様に届けよ。」


章之進隊の侍
「ははっ!直ちに!」


 こうして後藤勝基を撮り除いた彦右衛門は、美作東部を完全に支配下においたのであった。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「さて、章之進のお陰でえらいこと話が脱線してしもうたが、三星城は美作東部の要衝にて正攻法では抜けぬ。」


義左衛門
「その通りにござりまする。そこで、策を考え申した。俊丸に城の一番東側にある本丸へ忍び込んでもらい、火をつけさせるのです。我が軍はその時にできた敵の虚をついて、一気に滝川を渡河し攻め撮るのです。」


彦右衛門
「警戒も厳しかろうが大丈夫かのう。」


三星城地図


俊丸
「この前忍び込んだ時に持って帰った地図デブ。本丸は東(右)と南(上)に断崖を抱き、北(下)と西(左)は他の曲輪に守られておるデブ。その上、我が軍が城の北に流れる滝川の向こう岸に布陣致せば、敵の注意は北に向かうデブ。当然、主力も北側正面に集中致し、山頂の各曲輪は手薄になるデブ。」


彦右衛門
「となると、身重なのに身軽なお主は簡単に忍び込んで得意の放火ができると……。」


俊丸
「今までのは失火で、放火ではないデブ!しかし、風の強い日を見計らって火を放てば、あっという間に各曲輪に燃え広がるは必定デブ。」


彦右衛門
「よし、では全軍出陣じゃ!俊丸は頃合いを見計らって火を放て!我が軍はそれに呼応して、攻め寄せることと致す!」


 こうして、彦右衛門軍の3度目の攻略が開始された。






三星城を北から望む


彦右衛門
「さてと、相変わらず士気が高いようじゃのう。俊丸はまだ火を放たんか?」


章之進
「ん?おお、彦右衛門様!本丸に火の手が上がりましたぞ!」


彦右衛門
「よし、今じゃ!全軍突撃を開始致せ!!」


幸之助
「突撃ダニ!一気に攻め撮るダニ!」


 背後の本丸に火の手が挙がり、虚を突かれた三星城の兵達は、城を捨て退却を始める者も続出した。その中に、柳澤太郎兵衛と難波利介の姿もあった。


章之進
「お、あそこに寝返りを拒否した者が逃げて行くぞ!追え追え!」


 難波利介は逃げおおせたが、柳澤太郎兵衛は逃げる途中で章之進隊に囲まれてしまった。


章之進
「さっさと寝返っておればよかったものを!御写真頂戴致す!」


パシャッ!


柳澤太郎兵衛
「む、無念じゃ………。」


章之進
「柳澤太郎兵衛、討ち撮ったりぃ!」






 一方、彦右衛門の本隊は城への攻撃を続けていた。


彦右衛門
「よし、あらかたの敵兵は片付いたな。これより城に攻め入るぞ!かかれ!」


米蔵跡

米蔵跡


俊丸
「ああ、米蔵を落としているデブ。食糧が食糧が……。」


御殿跡

三星城の山麓にある居館跡

 この奥に忠魂碑があり、その隣には後藤勝基の墓と伝わる五輪塔がある。右手に至れば七曲りと呼ばれる西の丸への通路がある。左手には新しく造られた道がある。


墓

後藤勝基の墓


彦右衛門
「居館の兵は、既に中腹の西の丸に逃げ失せたか!すぐに攻め上るのじゃ!」


新しい道

西の丸へ到る新しく造成された道

 この道ができたお陰で、登山がかなり楽になっている。七曲りからの登山はこんないい道ではない。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「さてさて、いかが致したものかのう。なかなかに手強き奴らじゃぞ。」


章之進
「ふっふ~ん、こうなったら拙者の出番にござるのう。」


義左衛門
「おお、何か良い策でも思いついたのか!」


章之進
「実は、美作岩屋城攻略の折に、近くで接収したカラクリ最終兵器がござってな。やっと完成して、お目見えできる次第となり申した。どうぞこちらへ来て見て下され!」


 一同が陣屋から出てみると、そこには巨大な箱があった。


章之進
「ジャカジャ~ン!開けよ!」


一同
「うおおおおおおっ!何じゃこれは!!」


ゼータ


ゼータ左


ゼータ右


章之進
「むっふっふ、これぞ我が秘伝のカラクリ攻城兵器、その名もゼータガンダムにござりまする!」


彦右衛門
「ほっほう、これはこれは、いつぞやは小さなモデルを作ることしかできんと、馬鹿にしてしもうたが、かほどに大きいものを作るとは思うてもみなんだ。」


義左衛門
「しかし、でかいのう……。こんなものが攻めて来たら城方も慌てるに違いない。」


幸之助
「どら、動かしてみるんダニ!」


章之進
「へ?これは動きまへんよ。」


彦右衛門
「は?動かない?」


俊丸
「それではどうやって攻めるデブか?」


章之進
「いや、城の前まで持っていったらビビるかなと……。あ、そうそう、傷つけられるのは嫌なんで、近くには持っていかんで下さいね。」


幸之助
「ちょっと待つダニ。武器は飛び道具を持っているダニか?」


章之進
 鼻くそほじほ~じ


「いや、なぁ~んにも持ってないよぅ。だから遠くからビビらせるのよ。後、こんなのが後ろにあると、味方も心強いっしょ?」


一同
「つ、使えねぇ~!」


章之進
「な、なんですとぅ!この素晴らしい逸品を使えないと!!」


一同
「当たり前じゃろが~い!」


章之進
「むむう、ゼータだけにゼータクな兵器になってしもうたかぁ!!」


一同
「ささっ、無視して攻め撮りの準備を致そうぞ!」


章之進隊の侍
「章之進様、えらい苦労して運んできたのに、全く無駄足でしたのう。」


章之進
「まあよいわ。我が隊も出陣の準備を致せ。ゼータガンダムは、これからも我が隊の守り神として戦場に持っていくぞ!」


章之進勢
「ええ~~~!?」


章之進
「うむ、皆も満足のようじゃな!」


章之進隊の侍
「明らかに不満顔なんすけど………。」






<久米の里 ゼータガンダム


 岡山県津山市の西、国道181号線沿いにある『道の駅・久米の里』にドカンと存在するこのゼータガンダムは、久米町宮部下在住の中元正一氏が、独力で7年の歳月をかけて設計・製造したものである。(章之進が作ったわけではない。あしからず。)


 美作岩屋城は、この181号線を久米の里から西に進んだ所にある。


 機体は鋼製の内部骨格、外装は繊維強化プラスチックを使用し、脚部には油圧シリンダーを組み込んでいる。


 コクピット内には人が乗り込み操作できるように、二足歩行型有人汎用機械として作られている。


 が、しかし、当然のごとく今のところは動かす事はできず、天井から吊り下げられた格好となっている。早く動き出す日が待ち遠しい。


 因みに、ガンダムファンならばザクをまず思い浮かべるところであるが、ザクは丸い部分が多く、加工が難しい。その為、ガンダムの中でも最も均整の取れた美しいゼータガンダムを選択されたようである。


 やはり恐るべし、ジオンのモビルスーツ製作技術!ジークジオン!!


 ところで、ゼータガンダムの形式番号は、MSZー006である。RXではない。MSはジオンのモビルスーツに付けられる形式番号であり、この点でジオンに近いガンダムと言うこともできよう。


 全高 7・0メートル

 全幅 3・5メートル

 重量 2トン

 乗員 1名


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

 遅れて彦右衛門本隊が湯郷に到着した。


章之進
「物の見事にやられてしまい申した。面目次第もござりませぬ。」


幸之助
「伏兵を置いて待ち構えていたダニ。背後から攻められ、危うく首を取られるところだったダニ。」


彦右衛門
「それは難儀な事であったのう。しかし、馬場がいないとはいえ、守りを固められてはかなりの損害を被るのう。」


義左衛門
「城内の様子を聞き、作戦を練らねばなりますまい。湯郷の長光寺の住職をお呼び下され。かの僧侶なら、城方の侍のことも詳しいはず。」


彦右衛門
「よし、すぐにお呼び致せ。」


章之進
「ははッ!」


 こうして、長光寺の住職が呼び出された。


彦右衛門
「今度は急な呼び出し、真に相済まぬ。」


住職
「して、ご用件は何でござりましょうや?愚僧に出来る事がござりましょうか?」


彦右衛門
「うむ、三星城の内部のことを聞きたいのじゃ。彼の城は要害堅固の山城にて、大軍で囲んでもちっとやそっとでは落城致さぬ。何かよい手だてはないかと思うてのう。」


住職
「ならばまずは乱暴狼藉を戒める制札を下さりませ。湯郷村の村人を安心させてやりとうござりまする。」


彦右衛門
「制札の件は了解した。すぐに家中の侍に持たせよう。」


住職
「では、愚僧の意見を申し上げましょう。三星城には、安藤相馬、難波利介、柳澤太郎兵衛という剛の者がおりまする。この者達を計略を持って御味方に付けることができますれば、城の攻略などたやすき事でございましょう。」


義左衛門
「剛の者がおるのは分かったが、彼らが簡単になびくかな?住職が間を取り持ってくれるのでござろうか?」


住職
「かねて懇意に致しておる者共なれば、愚僧が説得致して参りましょうぞ。」


彦右衛門
「それは話が早い。早速、使いに行って、寝返れば恩賞は望みのままに致すと申しておったと伝えて下され。」


 こうして住職は三星城へ向かった。


彦右衛門
「うまくいくであろうか?」


義左衛門
「ふふっ、うまくいかずとも良いのです。城中に疑心暗鬼の種をまければ、内部から崩壊致しましょうぞ。」


章之進
「そういうことでございましたか。相変わらずの深謀遠慮っぷりですな。」


義左衛門
「俊丸はおるか?」


 バーン!


一同
「うおぅ、畳が跳ねとんだ!」


俊丸
「呼んだデブか?先程から軒下で寝ながら聞いていたデブよ!」


義左衛門
「それは良いが、登場の仕方をもっと考えんか!これより三星城に忍び込み、住職が入城したのを見計らって、寝返りを承知した者に謀反の兆しありとの噂を流すのじゃ!」


俊丸
「了解デブ!行ってくるデブ!」


 ドッシ~ン、スタタタタタ!






 一方、三星城では長光寺の住職が3人の侍の説得にあたっていた。3人のうち安藤相馬だけが承諾したが、難波利介と柳澤太郎兵衛は頑としてこれを拒んだ。


俊丸
「さてと、それでは安藤相馬の謀反の噂をばらまくデブ。」


 4、5日が経ち、安藤が変心したとの噂が、陰で囁かれるようになった。その為、城兵は互いに疑心暗鬼となり、城内の結束は弱まっていった。


後藤勝基
「近頃、不埒な噂が流れて、城内が落ち着かぬ。これでは彦右衛門めの大軍を相手に籠城することなどはかなわぬ。儂が潔う自撮して、城内の者共の命乞いを致そうと思うのじゃが。」



「情けないお言葉にございます。今、自撮なされたとて、真に無益の極みと申すもの。敵方に寝返るような者は、訊問して確かめた後、討ち取ればよろしいのです。のう、越後。」


女中の越後
「奥方様の申される通りにございます。私共に任せて頂ければ、裏切り者を討ち取り城内の兵の心を再び1つにしてみせましょう。」


 数日後、後藤勝基の妻は城内の主だった者を呼んで料理を振る舞うと称して、例の3人も城内の広間に呼び寄せた。城内の者が集まり、囲碁や歓談に興じている中、越後がそれとなく安藤に近づいた。


越後
「これは安藤様、ようこそおいで下さりました。ささ、こちらに奥方様より下された菓子がござります。どうぞ別室にて召し上がって下さりませ。」


 そう言われて、安藤は座を立ち別室に入った。そして、菓子に手をつけようとしたその刹那、後藤勝基の妻が抜き身の刀を引っ提げて近づき、一刀の元に安藤の首を斬り落としてしまった。



「ふん、おかしな事を考えた報いじゃ!わらわは、宇喜田直家の娘。父上は彦右衛門めに辛き目にあわされたようじゃが、わらわは決して負けはせぬ!」


越後
「御見事にござりました。」



「越後、この首を今宵のうちに城の大手門の外にさらしなさい。朝になれば寝返ろうとした者達も、心を入れ替えるであろう。」


 別室での出来事を知る者はなく、翌朝になって安藤の首が大手門の外にさらされているのを見た城兵は震え上がった。


三星城内の兵
「これは安藤様じゃ!」


「おう、謀反の兆しありと言われておったぞ!」


「こりゃぁ、おかしな真似はできんぞ!彦右衛門の兵を力を合わせて退けにゃあいけんのう!」


「その通りじゃ!」


「おい、また懲りずに攻め寄せてきおったぞ!城から討って出て追い払うんじゃ!」


「うおおおおお!」


三星大手門


三星城大手門付近

 鳥居は稲荷神社のもの。戦国時代、この付近で幾多の激戦が繰り広げられた。上に登っていくと米蔵跡や、屋敷跡がある。そこを通ってさらに登ると西の丸に至り、三の丸、二の丸、本丸へと達する。


彦右衛門
「むう、そろそろ頃合いかと思うて来てみれば、士気が上がっておるぞ!」


章之進
「先手の兵が崩されておりまする!」


義左衛門
「いかん、全軍が浮き足立ちまする!ここは無理をせず、一旦引きましょう!」


 こうして、またもや彦右衛門の攻めは失敗したのであった。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。