日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

正親町天皇
「今度の上洛、大儀であった。」


彦右衛門
 上ずった声で、

「て、天朝様にはご機嫌麗しく、何よりにござりまする。」

(ああ、しまったぁ、緊張してもうたぁ!)


周りの公卿
「ぷっ、クスクス。」


正親町天皇
「京の治安にも気を使い、人心も落ち着いておるはそなたの功績。」


彦右衛門
「いやいや、これも天朝様の御威徳の賜物にて、拙者の力などは大したことはござらぬ。天朝様には貢ぎ物がござりますれば、是非受け取って頂きたく存じまする。」


正親町天皇
「菊亭春季より既に受け取っておる。困窮する朝廷への心遣い、有り難く存じおるぞ。また美作岩屋城では、勅賜の寺号を持つ慈悲門寺に対し、情けある振舞を致した由、天晴な心掛けである。」


彦右衛門
「ははッ!恐れ入り奉りまする。」


正親町天皇
「そなたこそこの京の守りを任せるに相応しい。今度の功績を称えて、従五位下・山城守を授ける!今後も忠勤に励むように!」


彦右衛門
「ははー!」


 こうして彦右衛門は面目を施し、拝謁を終えたのであった。






彦右衛門
「ふっふ~ん、官位もらっちゃったぁ!しかも、山城守!拙者の好きな直江兼続と同じ!」


章之進
「幕府の役職には興味なかったくせに、えらい喜びようですな。」


彦右衛門
「幕府は倒して自ら開いてもよいが、朝廷はそうはいかんからのう。いわば、永久不滅ポイントをもらったようなもんじゃ。ところで、お主達にも官位を賜っておるぞ。」


章之進
「マジっすか?こりゃ棚からぼた餅。また彦右衛門様に美味しい所だけ持っていかれたかと思っておりましたよ。」


彦右衛門
「む、城中の軍資金をネコババ致しておる割には、トゲのある物言いよな。まあよいわ、まず義左衛門には従六位上・刑部少丞(ぎょうぶしょうじょう)、幸之助には正七位上・左衛門少尉 (さえもんのしょうじょう)、俊丸には従七位下・主殿少允(とのものしょうじょう)じゃ。」

「で、章之進には………。」


章之進
「ふんふん」


彦右衛門
「運動会、最下位、ゲッ、下痢の症状!じゃ!」



章之進
「いらないや~い!ひ~~~ん!」



義左衛門
「ああ、どっか行ってしまった。ちょいとキツいお灸でしたかな。」


彦右衛門
「わっはっは。章之進にもきちんと従六位下・勘解由判官(かげゆのじょう)を頂いておる。ちょいとからかってやったまでじゃ。」


義左衛門
「さて、一応の平穏は取り戻し、上洛の目的も果たしました故、居城に戻ると致しましょうぞ。我らの飛び地領の中心にある岡山城がよろしかろう。」


彦右衛門
「そうだね。」






<正親町天皇>


 第106代の天皇。弘治三年(1557)、先代、後奈良天皇の崩御に伴い即位の礼を挙げた。この時、応仁の乱による政局の混乱で天皇家の財政は苦しく、毛利元就など有力大名の献金によりようやく即位の礼を挙げたという有様であった。


 その後、永禄11年(1568)、足利義昭を奉じて織田信長が上洛するに及び、ようやく天皇家の財政難や権威の失墜といった状況が変わる。


 織田信長は天皇の権威を利用し、朝倉・浅井や石山本願寺などとの講和の勅命を出させ、天皇家もまた織田信長の政治力・軍事力を利用し、権威の回復を成し遂げた。


 しかし、この蜜月関係も長くは続かず、正親町天皇は、天正元年(1573年)頃から信長に譲位を要求されるようになる。しかし、正親町天皇はそれを最後まで拒んだという。


 本能寺の変の後、豊臣秀吉に政権が移った後は、秀吉が自身の権威付けに天皇を利用し、天皇家も天下人・秀吉の力を利用したため、天皇家の権威は増々高まることとなった。


 武家出身でない秀吉は、足利義昭の養子になることを拒まれ、将軍となって幕府を開く途を断たれた。そこで今度は朝廷での昇進を目指し、天正13年(1585)、関白・近衛前久の養子となり、関白の位についた。


 こうして秀吉は朝廷の権威を最大限利用し、また天皇家も秀吉の軍事力を背景にして朝廷の権威を回復したといえる。


 天正14年(1586)、正親町天皇は、孫の周仁(かたひと)親王(後陽成天皇)に譲位して仙洞御所に隠退した。その後、文禄2年(1593)に崩御した。






blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「御免仕る!菊亭春季殿に面会を申し込んだ彦右衛門と申す者にござる。どうかお取り次ぎを願いたい!」


菊亭春季邸の下僕
「少々お待ちくださりませ。」


 しばらくして、


下僕
「どうぞ、こちらへ。」


菊亭春季
「おお、これはこれはよう参られた。はよう入りなはれ!」

(さて、義昭はんから頼まれたが、この田舎侍をどう扱いまひょか。)


彦右衛門
(む、顔は笑っておるが心は笑っておらぬ!ここは1つ……。)

「失礼致す。これ、章之進!」


章之進
「ははっ!ただいま!」


菊亭春季
「ん、なんでおじゃるかな、この大きな箱は?」


彦右衛門
「いやいや、大したものではござらん。ただのお菓子でござるよ。」


菊亭春季
(なんじゃ、しょうもない田舎の菓子かいな。)

「それはそれは、御心使い痛みいるでおじゃる。」


彦右衛門
「まあまあ、早速召し上がって下さりませ。章之進、お開け致せ!」


 章之進が開けた箱の中には、金が山と積まれていた。


菊亭春季
うおぅ!これは見事な黄金色のお菓子でおじゃるのう。」

(ふむ、こやつなかなかに気のきく男でおじゃるな。これは力になってやっても、損にはならんでおじゃろう。)


彦右衛門
「気に入ってくれたようにござりますな。」


菊亭春季
「無論でおじゃる。度重なる戦で、領地からの年貢ものうてな。懐具合は寂しいのでおじゃるよ。おおっと、これは内輪の話。しかし、こんなものをもらっては、御所への参内を取りなさぬわけにはいかんでおじゃるな。」


彦右衛門
「ふっふっふ!」


菊亭春季
「むっふっふ!」


二人
「にゃはははははは!」


章之進
(京は妖怪の町かのう、食わせ者ばかりじゃわ。彦右衛門様もようやるわ。)


菊亭春季
「ただのう、お主にはまだ朝廷での官位がおじゃらぬ。よって内裏に上げるわけには参らぬ。」


彦右衛門
「ようござる。地の上なりとても野武士の勤王の志を見届けて頂ければ、これに過ぎたる仕合せはござらぬ。」


菊亭春季
「うむ、あい分かった。なぁに、これだけのお菓子を頂いては、麿も動かぬ訳には参らぬ。そなたは実力に申し分もなければ、官位の沙汰も望みのままに取り次いで進ぜよう。忠勤を励めば、すぐに殿上人に昇進するでおじゃるよ。」


彦右衛門
「今後もよしなに!」






 こうして、彦右衛門は参内することとなった。


俊丸
「ささ、彦右衛門様!粗相の無いように御所の地図を手に入れて参りましたデブ!」


彦右衛門
「おお、でかした!しかし、なんだか緊張してまいったぞ!」


御所図


義左衛門
「それでは西の新在家門より入り、建礼門から参内致しましょう。」


彦右衛門
「あれ?閉まっとるし!開門、開門!


章之進
「うーん、返事が無い……空砲で合図してみましょう!空砲だから門狙ってもいいですよね~!」



 ズダーン!



 チュイーン!



章之進
「あら?弾が入ってた?」


彦右衛門
「ば、バカモノ!

鉄砲玉の跡


義左衛門
「こりゃまた見事に穴が開きましたのう。」


彦右衛門
「ああ、火がついて燻っとるじゃないか!早く消せ!」



 ギイイ



章之進
「あ、開いた!」


御所の貴族
「なんてことをするでおじゃるか!ここは普段は閉めておる門におじゃるぞ!」


章之進
「火がついて初めて開いたって訳ですな、それなら火であぶられて口を開くのに例えて、これからは蛤御門と呼ぶ事に致しましょうぞ、ホエホエ!」


幸之助
「おお、それはいい呼び名ダニ!」


貴族
「全く、少しは反省するでおじゃる。彦右衛門殿でおじゃるな。御内裏様もお待ちかねにおじゃるぞ。」


彦右衛門
「ハッ!」


蛤門

蛤御門


 幕末の元治元年(1864)、天皇簒奪を目論む長州藩と御所の警護にあたる會津・薩摩藩がこの門を中心に激戦を繰り広げた。世に言う「蛤御門の変(禁門の変)」である。長州藩は破れ、久坂玄瑞を始め多くの有能な藩士を失ってしまった。弾痕はその時のものである。


 この門は元々、新在家門と呼ばれていたが、宝永の大火(1708)の時に、それまで閉ざされていた門が初めて開かれたために、「焼けて口開く蛤」に例えられてこの名がついたという。






幸之助
「ほっほう、広大な敷地ダニ。これは御所の西側の塀なんダニ。」


西側


彦右衛門
「しかし、所々痛んでおるのう。おいたわしや。」


南の門

御所西側の門


義左衛門
「それにしても広うござるな!」


御苑

正面南北を貫く道


章之進
「おおぅ、遂に建礼門に着きましたぞ!」


建礼門

建礼門近写


彦右衛門
「ようやく天朝様に会えるのう。ドキドキじゃ!」


義左衛門
「さあ参りましょう!」






blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「これより我が軍は上洛致す!今回の上洛は足利義昭公を奉じ将軍家を再興すること、及び度重なる戦で困窮極まっておられる天朝様へ御挨拶を申し上げることである!」


彦右衛門勢
「おおーー!」


章之進
「遂に上洛か!京とはどんな所か、楽しみじゃのう!」


義左衛門
「なお、京童どもが怯える事のないよう、軍律は厳しく守るように!洛内外を通じて盗撮は一切禁止じゃ。京の民草を撮害致す事なきよう、注意致すように!」


章之進
「ええ~~~~!?せっかく盗撮しようと思ってたのにぃ!」


彦右衛門
「コラ!ええ~~~~じゃねぇよ!お前は一般兵卒の模範にならんといかんというのに、何が盗撮しようと思ってたのにぃ、じゃ!卑劣な盗撮一切禁止!やったら厳罰に処す!」


章之進
「へへ~~!」






 こうして彦右衛門勢は足利義昭を推戴して京に入った。軍律を厳しくしていたため、盗撮される者もなく、撮害された者も皆無であった。そのため、京の人々は彦右衛門勢を大歓迎で迎えることとなった。


京都高台寺付近より西を望む

京、高台寺(秀吉とおねの菩提寺)付近より西を望む

 写真の塔は法観寺・八坂の塔。飛鳥時代創建。現在の建物は永享12年(1440)足利義政により再興されたもの。


京の町人
「どこの田舎侍が来たかと案じておったが、これは情け深き大将で助かりましたわ。」


「ほんにその通りやわ。好き勝手をしてはった三好・松永も退散したよし。」


「当分は枕を高うして寝られますよって。」


「この前も一人の軍兵が京娘を物陰から盗撮しようとしてはりましたが、彦右衛門様がすぐに見咎めて、お尻ペンペン百回の刑に処しておりましたわ。」


「ものの分かった大将でようござりましたなぁ。」


幸之助
「評判は上々なんダニ。しかし、あれ程キツく申し渡したのに盗撮しようとした軍兵がおったとは、恥ずかしい話なんダニ。」


章之進
「まったくじゃのう!」


義左衛門
「何がまったくじゃのう、じゃ!馬にきちんと乗ってみよ!」


章之進
「うわっち!いてててて!」


幸之助
「まさか、お尻ペンペンされたのは章之進ダニか!?まったくアホウなんダニ!」


章之進
「いやいや、そうではない。拙者がわざと盗撮しようとして罰を喰らうことで、京の人々に彦右衛門勢の軍律の厳しさを知らしめたのじゃ。彦右衛門様と拙者の作戦じゃぞ!」


俊丸
「それは素晴らしい、と言いたいところデブが、やったのが章之進殿では信用できないデブな。」


章之進
「う、うるへー!」


彦右衛門
「まあまあ、今回は作戦じゃ。章之進もさすがに卑劣な盗撮を致すような者ではない………多分。」


章之進
「なんでそこでトーンダウンするんですか!しませんよ、そんなこと!」


義左衛門
「今回は軍師の拙者も知りませんでしたぞ。見事な作戦にござる。敵を欺くにはまず味方から。兵法の妙を会得され、京の民の心を掌握された事、執着至極にござりまする。」






足利義昭
「上洛大儀であった。朝廷については菊亭春季(きくていはるすえ)殿に伝えてあるゆえ、そちらに参るように。また洛内の治安もようなっておる。足利幕府の再興もなったといえよう。幕府役職として美作守護を授けるゆえ、今後も忠勤に励まれよ。」

(ふん、これくらいの役職で釣っておけば、思い通りに動くであろう。今後も働いてもらわねばのう。)


彦右衛門
「はは、有り難き仕合せにござりまする。」

(ふん、名目だけの将軍が何を抜かすか。そんな役職なぞ絵に描いた餅じゃ。下克上の世では大した効き目はないわ!時代遅れの石頭め!天朝様に御挨拶をしたら、さっさと引き揚げるのが上策であろうな。)


義左衛門
「では、お勧めに従い、菊亭春季殿にお会い致す事としましょうぞ。」






blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。