日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

<唐津城>


 唐津城は、豊臣秀吉の臣・寺沢志摩守広高(てらさわしまのかみひろたか)が、慶長7年(1602)から7年の歳月をかけて慶長13年に完成しました。


 寺沢広高は文禄4年(1595)、唐津の領主であった波田氏が改易になったのに伴い、唐津の領主となりました。


 その後、関ヶ原の戦い(1600)で徳川家康の指揮する東軍に付き、岐阜城攻めで功を立てて天草郡を加増され12万3千石となりました。1万石で250人の動員可能兵力を有すると概算して、およそ3075人の動員可能兵力を持つ大名ということになります。


 そして、慶長7年に築城を開始しました。


 築城には九州諸大名の協力を受け、名護屋城の解体資材を用いたと言われています。また河川の流れを変えるなど、大土木工事を行ったそうです。


 城は本丸、藩主の住居等がある二の丸、武士の住居があった三の丸、商人達が済んでいた外曲輪等から構成され、城下町を取り込んだ総構(そうがまえ)と呼ばれる、小田原城に代表される構造をした巨大城郭でした。


 城の全域は約45ヘクタールにも及ぶそうです。


 また本丸は、松浦川の河口に在り、当時陸続きであった満島山を人工の川によって切り離して造られました。北側は唐津湾になっており、三方を水で囲まれ水上に浮かんでいるようにも見える、非常に堅固な造りとなっています。


 城の形状は平山城です。本丸とその下の二の曲輪は連郭式(山城などに見られる本丸とその他の曲輪を順に連ねていく方式)になっています。また、本丸、二の丸、三の丸も連郭式の配置ですね。





 城主は初代・広高の跡を二代・堅高(かたたか)が継ぎますが、寛永14年(1637)に起きた島原の乱の責任を問われ、天草にある富岡城4万石を没収されました。これを恥じた堅高は正保4年(1647)に自殺。子供がいなかったために、寺沢家は断絶しました。


 寺沢氏改易後は幕府直轄領となっていましたが、慶安2年(1649)に明石城から大久保忠職(おおくぼただもと)が8万3千石で入城します。そして、二代忠朝(ただとも)へと続きますが、佐倉城へ転封されます。


 それに代わって佐倉城から松平(大給)乗久(まつだいら(おぎゅう)のりひさ)が、入城。乗春、乗邑(のりむら)と続きましたが、鳥羽城へ転封されました。


 その鳥羽城から土井利益(どいとします)が7万石で入城。土井氏の治世は長く続き、4代を経て下総古河へ転封されました。この土井氏が唐津城に最も縁があると考えられているのでしょう、唐津城の本丸にたなびく旗には土井氏の家紋がありました。


 宝暦12年(1763)、岡崎城から水野忠任(みずのただとう)が6万石で入城し4代続きます。その後、文化14年(1817)、忠邦の時に浜松城へ転封されます。


 今度は陸奥棚倉から小笠原長昌が6万石で入城しました。小笠原氏は4代続いて明治維新を迎え、廃藩置県によって唐津城も廃城となりました。





 唐津城は現在、舞鶴公園として整備され、桜や藤の名所となっています。天守閣には博物館があり、唐津焼や鎧や武器の展示がしてあります。


 中でも安田作兵衛の槍は見ておいて損はないでしょう。初代城主・寺沢広高は明智光秀の三羽烏と言われた1人、安田作兵衛が浪人であるのを知り、家来として召し抱えました。安田作兵衛は本能寺の変で信長に槍をつけ、傷を負わせたとされる人物です。


 唐津城天守の二階には、その信長に傷を負わせたとされる槍が展示されています。


 本丸からの眺めは素晴らしいの一言です。小高い山の上にありますが、エレベーターが城の西側についており、身障者の方でも簡単に上に登れてしまいます。歩いて登るのが嫌な人も、これを使えば楽に本丸まで行けます。





blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

章之進
 「まずは絵図を描かせましたゆえ、これをご覧下さりませ。」


唐津絵図

江戸末期小笠原藩時代のもの

写真は拡大します


彦右衛門
 「うむ、巨大な城郭が出来上がったのう。では早速巡回を致してみるか!」


章之進
 「御意!なんちて!」





義左衛門
 「まず、三の丸大手口横の通称・肥後堀にござりまする。武士達の住む三の丸と商人の住む外曲輪を隔てる堀にござりまするぞ。」


章之進
 「あ、ちょっと拙者、トイレに行きたくなってござる。早速、あの櫓の壁に向かってと……ジョロジョロ。」


彦右衛門
 「ああ!臭い付けしおった!負けとられるか!ここは拙者の城じゃい!……ジョロジョロ。」


幸之助
 「せっかく出来たばかりなのに、冗談ではないダニ!もうこの櫓は便所専用に致すダニ!せっかくの櫓なのに、壁に小便をかけるとは言語道断なんダニ!」


彦右衛門・章之進
 「いやぁ、端っこにつつましく建っておるからついつい。済まぬのう、こりゃこりゃ。」


俊丸
 「反省の色がないデブ。」


肥後堀

肥後堀

肥後堀

 長さ300メートル、幅20~25メートルの規模を持つ。現在、堀の向こう側には市役所が建つ。上の写真の櫓は現在、公衆便所になっている。唐津城築城には九州諸大名の協力を得ており、肥後堀の名前も恐らく肥後の国の協力で出来たことに因むのであろう。





義左衛門
 「次は三の丸の東南端を防御する辰巳櫓でござりまする。」


辰巳櫓 外郭から望む
辰巳櫓を外郭から望む

辰巳櫓
辰巳櫓を三の丸内から望む

 三の丸東南端に構えられ、見張りや防御の機能を果たす。江戸時代初期、正保年間の絵図に描かれており、築城当時から存在したことがうかがえると言う。明治の廃藩置県後に解体。平成3年に石垣を修復し、平成4年に新築復元。





幸之助
 「続いて、三の丸内に時の太鼓櫓を置いてみたダニ。日常の刻を告げて、城下の人々のお役に立つダニ。」


俊丸
 「でも、太鼓を打つのが章之進殿だと、毎回毎回遅れた時刻を知らされそうデブ。」


章之進
 「う、うるさいやい!」


幸之助
 「大丈夫なんダニ。これはカラクリ時計にて、勝手に時刻を報せてくれるんダニ。」


彦右衛門
 「おお、まさにでっかい『江戸の刻』ではないか!」


幸之助
 「そうダニ。午前七時から午後七時までの毎正時、太鼓の音と共に武士人形と太鼓がせり出して時刻を報せてくれるダニ。」


時の太鼓櫓

 代々の唐津藩絵図によると、4代目に唐津を治めた土井氏の時に時鐘がここに置かれたのが始まりという。以後、呼び名や場所を変えたが、時刻を報せる櫓が置かれていたようである。





義左衛門
 「それでは、唐津城本丸の方へ向かいましょう。」


唐津城

唐津城を南から望む
 唐津城に天守があったかどうかは絵図から確認できておらず、小倉城などと同じ模擬天守である。穴蔵を備えた天守台はあったが、絵図にない以上、天守は築かれていなかったものと思われる。


彦右衛門
 「これは綺麗な城に仕上がったのう。大満足じゃ!」





義左衛門
 「こちらが本丸の南にある船入門、水手門でござりまする。いずれも船をつけて城内に入るようにしてござりまする。」


彦右衛門
 「水運を生かした造りじゃのう。こうなると、そろそろ海賊衆当たりと手を組みたいところじゃが。」


義左衛門
 「水軍は元々、自由を好む気風にござりますれば、手なずけるのは相当に難しかろうと存じまする。この近辺にも松浦水軍がおりますがのう。我が軍に取り込むのは不可能かと。」


彦右衛門
 「仲良うするくらいしかできぬか。まあよいわ、いずれまた水軍統率の方法も見えてこよう。」


水手門方面
城内橋より水手門方面を望む

 船入門も水手門も再現されてはいないが、藩主の参勤交代の際の出入り、御蔵への物品納入の出入りなどに使われた。





義左衛門
 「右手に行けば、腰曲輪にござりまする。海上からの攻撃はここで防ぎまする。また、本丸の搦め手にも通じておりまするぞ。」


腰曲輪

本丸東の櫓
腰曲輪付近と腰曲輪の東にある櫓

 腰曲輪のある本丸南部には現在、民家が建ち並んでおり、静かな通りとなっている。腰曲輪の東部は城跡として整備されており、櫓が1つ建っている。





番兵
 「彦右衛門殿、御登城にござりまするぅ!」


彦右衛門
 「うおっ、びっくりしたぁ!いやいや、ご苦労さんです。」


本丸への道
本丸登城口

大手虎口
大手虎口 正面を登れば二の曲輪


彦右衛門
 「大手虎口の枡形も堅固極まりないのう。これなら大軍に囲まれても、相当の期間持ちこたえられよう。」


義左衛門
 「では二の曲輪を抜けて本丸へ至る櫓門の方へ参りましょう。」


章之進
 「こりゃまた見事な櫓門ですな。そういや、唐津は陶芸も盛んだそうですぞ。ここをお茶室にでも改造してしまいましょう!」


幸之助
 「章之進はいつも遊ぶ方にばかり神経が集中しているダニ!」


章之進
 「な、な、な、何を言うか!殺伐とした戦国の世には、一服の茶などたてて風流の道を取り込まねば、平和は訪れんぞ!」


俊丸
 「とても立派な考えデブが、言う人間が悪いデブ!」


章之進
 「やかましゃぁ!この素デブが!酸っぱい臭いさせながら人の悪口を言うんじゃない!」


彦右衛門
 「コラコラ、喧嘩はよさぬか。確かに、章之進の申すことも一理あるのう。茶室にしとけ!」


近侍
 「ははッ!直ちに!」


模擬櫓門

本丸虎口
本丸に至る門
本丸内から櫓門を見る
本丸内から模擬櫓門を望む

 昭和41年に天守と共に建てられた模擬櫓門。現在はお茶室になっており、申し込めば利用できる。


義左衛門
 「本丸北側には搦め手門も設けましてござりまする。緊急時にはここから脱出できましょう。」


搦め手門





義左衛門
 「それでは、いよいよ天守閣に登ってみましょうぞ!」


天守近景
天守近景





彦右衛門
 「おお、絶景かな、絶景かな!」


虹の松原
天守より東の「虹の松原」を望む

 虹の松原は日本三大松原の1つであり、文禄2年(1593)に寺沢広高が防風のために黒松を植えたのが始まりという。以後、南側の新田開発などが行われ、城下が発展していった。


西の浜松原
天守より西側の「西の浜松原」を望む

唐津南方
天守より唐津城南側を望む

天守より北を望む
天守より北側の唐津湾を望む


彦右衛門
 「いや、真に良い城じゃ。特にこの城を中心に東西に広がる砂浜と松原は素晴らしいぞ。」


義左衛門
 「それゆえ、唐津城は舞鶴城とも呼ばれてござりまする。この天守を鶴の頭に、砂浜と松原を鶴の両翼に見立てたのでござりましょう。」


章之進
 「良き名にござりまするな。」


彦右衛門
 「大仕事が終わったゆえ、しばしこの城でゆるりと致そうぞ。」


章之進
 「ばんざーい!それっ海水浴じゃ!」


幸之助
 「ああ、待つダニ!拙者も行くダニよ!」


俊丸
 「拙者は茶室で茶菓子を喰らうデブ!」


義左衛門
 「行ってしもうた……それでは彦右衛門様、次の戦略目標を協議しましょう!って、あら城主もどっか行っとるッ!やれやれ……。」





blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「ささ、強力な同盟相手も現れましたし、さっさと唐津に城を築いてしまいましょう。」


彦右衛門
 「して、場所はええところがあるんかいのう?」


幸之助
 「既に唐津の北部に位置する満島山(まんとうざん)を本丸として縄張りを決めておるダニ。ここに大堀を造って、満島と満島山を切り離すダニ。」


義左衛門
 「その上で本丸の防備を固め、あたかも海水の上に浮いたような城を築きあげようかと思いまする。」


章之進
 「二の丸、三の丸の曲輪もでっかくいきましょう!なぁに、肥前名護屋城から腐るくらい資材を分捕ってきてますからね!」


彦右衛門
 「人聞きが悪いのう、回収したといえ、回収したと!まあ初めての九州の城じゃ。少々でかいの造っても罰は当たらんじゃろ。それに、九州攻略の要になる城だからのう。いっちょ大盤振る舞いででっかいの造っとけ!」


彦右衛門勢
 「おおーーーーー!」





 突貫工事にて無事完成!





章之進
 「いいんすか?こんなに早く造っちゃって?だって、本物は7年かかってるんでしょ?」


彦右衛門
 「ええの、ええの。なんたって、都合良く現代の技術を使って築き上げたからのう。しかも、人足はこの時代並に使ってと、もうやりたい放題じゃ!わははのは!」


章之進
 「いやー、感動っすねぇ!こう都合良く戦国と現代を行き来できるとわ!拙者の大好きな戦国自衛隊以上の大活躍ですよ!」


彦右衛門
 「であろう?にゃははは!」


幸之助
 「では、完成した城を見てまわるダニ!」


彦右衛門
 「うむ、苦しゅうない、良きに計らえ。なんちて!」


章之進
 「美作の素浪人野武士がえらくなったもんですね!」


彦右衛門
 「それを言うなっての!下克上、下克上!まだまだ成り上がるでぇ!」


義左衛門
 「彦右衛門様!お下品さが一際光っておりますぞ!」


彦右衛門
 「そんなに褒めるなよぅ、照れるじゃないか。」


幸之助
 「誰も褒めてないんダニ。」





blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「新たな同盟締結の使者が参りましたぞ!」


彦右衛門
 「おお、またまた頼もしい同盟相手が増えるのか!」


義左衛門
 「はい、今回の同盟相手は、松平の野望 ~天下創世記~の元康殿にござりまする。」


彦右衛門
 「ほほう、これまたビッグネームじゃのう。して、どのような活動をなされておられるのかな?」


俊丸
 「そのことでござりまするデブ。人気歴史シュミレーションゲーム「信長の野望・天下創世」のプレイ日記を中心にして、大河ドラマ「功名が辻」の感想なども綴られておるようで御座りまするデブ。」


章之進
 「ほほう、信長の野望・天下創世でございますか。拙者も大好きですぞ。箱庭感覚で次々と城下町を造っていけるゲームですな。」


俊丸
 「現在は、足利幕府再興記という形で、足利義輝公でプレイされておるようでござりまするデブ。プレイ日記は小説風に仕立てあげられておって、大変面白い読み物になっておるようでござるデブ。」


幸之助
 「それは興味深いダニ。ちょっと覗いて……どらどら、ほうほう、あらまぁ……良くできておるダニ。こうやって色々な武将でプレイしつつ、仮想の歴史を紡いでいかれるんダニ。」


義左衛門
 「何はともあれ、半兵衛殿に続いての強力な同盟相手ができ、我が軍の勢いも増すことにござりましょう。」


章之進
 「ところで、元康殿から『壮大な野望に感服つかまつりました』ってコメント頂いてるんですけど……。」


彦右衛門
 「…………うん、ちょっと大風呂敷を広げ過ぎたって、とっても反省してるとこ。まあゆっくり行くことにしましょうや。先はまだまだ長いからのう、ハッハッハ!」


章之進
 「彦右衛門様、笑いが乾いてますッ!」


幸之助
 「まあまあ、彦右衛門様がくたばるまでには完成しますダニよ。」


彦右衛門
 「しっかり長生きしないとのう、ホエホエ。」





blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

俊丸
 「彦右衛門様!成功デブ!同盟締結に早速応じてくれる諸候が現れましたデブ!」


彦右衛門
 「おおっ!やったな!して、お相手はどちらのお方ぞ?」


義左衛門
 「半兵衛の草庵の竹中半兵衛殿にござりまする。」


章之進
 「あれ?本物の軍師じゃないっすか!」


義左衛門
 「む、それは拙者に対するあてつけか?拙者とて彦右衛門様の立派な軍師じゃ!」


章之進
 「だってあんた、いっつも危ない目にばかり遭わせるんだもの!」


彦右衛門
 「まあまあ、ともあれ我が軍にはもったいないくらいのまともな同盟相手じゃ。素直に喜んでおこう!」


義左衛門
 「して、同盟相手の半兵衛殿の様子はいかようであるかな?」


俊丸
 「そのことにござりまするデブ。草庵にて戦国時代に関する細かな知識をまとめておられるデブ。知謀で有名な方にござるから、かなりマニアックな知識も得られそうデブ。」


幸之助
 「そういえば、NHKの大河ドラマにも出演されてなかったダニか?」


義左衛門
 「大河ドラマファンは必見じゃのう。兵力はいかほどおられるようでござるかな。」


俊丸
 「今のところ、3千弱の兵を動員されておられるようデブ。」


義左衛門
 「半兵衛殿の知謀をもってすれば、十分すぎる兵力じゃのう。」


彦右衛門
 「ともあれ、無事に同盟相手が現れてよかったよかった。」


章之進
 「ところで彦右衛門様、半兵衛殿から全国のお城を撮るのって大変そうですねってコメント頂いてるんすけど。」


彦右衛門
 「………………。」
 (困ったぁ!こいつはいきなり困ったぁ!ちょっと大風呂敷を広げ過ぎたかぁ!)


章之進
 「もしもーし、お答えは?」


彦右衛門
 「う、うん、大変だよねぇ!ハハハ!まま、細かいことは置いといて、とりあえず今日は同盟締結の宴じゃ!」




blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

<名護屋城>


 天正18年(1590)に、小田原城を攻略し後北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は、以前からの野望である中国大陸への出兵を押し進めた。


 その前線基地として選ばれたのが、名護屋の地であった。宣教師ルイス・フロイスの記録によれば、秀吉は朝鮮渡海のために便利な港を家臣達に問い、名護屋という良港を知ったそうである。


 天正19年(1591)、ここ名護屋の地に九州史上最大の城郭を出現させる大土木工事が開始された。加藤清正、黒田官兵衛、小西行長を中心に九州諸大名の協力を得て、この工事は進められた。


 異例の突貫工事となった名護屋城築城は、開始5ヶ月後には主要部が大部分完成していた。常時4、5万人の人足を動員していたようである。


 こうして完成した陣城は、もはや陣城の域を逸脱した大規模城郭であった。城域17万平方メートル、総石垣造りで5重の天守閣を備え、本丸には豪華な御殿、茶室や能舞台まで備えており、その規模は伏見城、聚楽第にも匹敵した。


 往時の姿は、肥前名護屋城博物館に収蔵されている屏風で知ることができる。それによると、天守は白漆喰総塗籠(姫路城などと同じ)の白亜の天守であったようである。もっとも、この屏風絵の通りであったかは判明していない。


 渡海する諸大名の陣屋も周囲に築かれ、その数は120にも及んだ。諸大名が引き連れてきた軍兵で名護屋の地は埋まり、常時20万人ともいわれる人数が滞在したため、名護屋の地は一時、京をもしのぐ大都市となった。


 文禄元年(1592)、遂に渡海した日本軍はたちどころに首都、漢城(ハンソン、現在のソウル)を攻略。しかし、民衆の蜂起や李舜臣らの活躍により、兵站を断たれたちまち苦境に立たされる。


 慶長元年(1596)、明からの講和使節がここ名護屋城を訪れる。しかし、講和は成立せず再び朝鮮に兵が送られた。この文禄・慶長の役は秀吉が慶長3年に没するまで続き、兵站を断たれた日本軍は朝鮮各地で凄惨な戦いを強いられた。


 秀吉没後、ようやく諸将に帰国命令が出た。しかし、7年に渡る軍役で皆疲弊し、攻め取った土地もなく恩賞もないままであったため、後の豊臣家大名の分裂を招く一因となってしまった。


 また、朝鮮でも壬申倭乱と呼ばれ、日本の侵略として現在でも語り継がれている。ソウルの歴史博物館には、植民地時代と合わせて資料が展示されており、幼稚園の子供達までもが見学に来ている。行くと非常に肩身が狭い。


 朝鮮出兵の後、名護屋は元の寒村に戻った。関ヶ原の戦いの後、寺沢広高が唐津に領地を与えられると新城を築城。名護屋城の廃材を用いたと伝わる。


 こうして石垣だけが残っていたが、島原の乱の後、同様の乱を恐れた江戸幕府の破城令によって、破却されてしまい現在に至っている。


 現在は城跡や各陣屋跡の整備が着々と進んでいる。



blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「よし、本隊は作業を終えたようじゃ!最終段階に入るぞ!三の丸から続く本丸大手口から本丸に入る!」


写真は拡大します
本丸大手口
本丸大手口
 三の丸と本丸をつなぐ通路で、三の丸から上ると右に折れて本丸に至る。


彦右衛門
 「おお、義左衛門!参ったか。ここも広大な曲輪じゃぞ。」


義左衛門
 「最終仕上げにござりまする。さっさと終わらせましょうぞ!」


本丸跡
本丸跡
 100M四方はあろうかという広大な曲輪である。天守を含めた6基の重層櫓群が防御を固め、多聞櫓がこれらの重層櫓を連結していた。また、曲輪内には御殿もあった。

多聞櫓跡
本丸多聞櫓跡

天守閣跡
天守閣跡
 築城当時、九州最大の天守があった。5重の天守は破風を多用し、壁面は全て白漆喰を塗り込めたもので、最上階には廻縁(まわりえん)を設け、外に出て眺望を楽しむことができた。姫路城天守や名古屋城天守に先行する先進的な天守閣であったと考えられている。


彦右衛門
 「ちょっと壊すには惜しいが、仕方ないのう。」


義左衛門
 「確かに、こりゃ綺麗な天守閣ですな。しかし、ここは心を鬼にしてかからねば!」


幸之助
 「そうダニ。いらぬ死人を出すことになるんダニ。」


彦右衛門
 「よし、かかれ!」


天守台から北を望む
天守台から北を望む
 前方には多数の陣屋があり、ここから朝鮮へ出兵していった。ここ以外にも半島の至る所に120カ所にも及ぶ陣屋が設けられていた。


義左衛門
 「終わりましたな。」


彦右衛門
 「大仕事だったのう。」


義左衛門
 「ここをこのまま残して唐入りしてもよかったのでは?」


彦右衛門
 「それはイヤ!だって間違いなく後500年は拙者が彼の国で悪者扱いじゃろ?」


義左衛門
 「侵略された方はいつまでも覚えておりますからなぁ……。」


章之進
 「しつこく悪者扱いされてはたまったもんじゃありませんよ。無駄な死人もたくさん出るし、請われもしないのに国外に出兵するのは大馬鹿者っすよ。」


俊丸
 「お、たまにはいいこと言うデブ!」


幸之助
 「その通りダニ!」


義左衛門
 「ここに廃材がたくさんありまする。せっかくですから、ここから南の唐津に城を築いて帰りましょう。肥前北部の抑えはその城で行いましょうぞ。」


彦右衛門
 「よし、撤収!急いで移動じゃ!」


章之進
 「ああ、仕事が終わったらさっさと撤収なんて、本当に今回はコソ泥でしたなぁ。」




blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「さあ、本隊が休息している間に、別働隊を動かしておこう。搦め手口から攻め撮って参るぞ!二の丸にて本隊と合流致す!」


別働隊
 「オオーッ!」


搦め手口
搦め手口
 登って右に折れれば、弾正丸に至る。搦め手とは城の裏側という意味で、大手の反対の言葉。入り口を屈折させた典型的な喰違い虎口であり、三方から横矢がかかり敵方の侵入を阻む。因みに、名護屋城にはこの他に、水手口、山里口、船手口の計5つの出入口がある。


義左衛門
 「それにしても、何たる堅い守りじゃ。まともに来ておったら、攻め撮るのに何年かかるか分からぬぞ。」


彦右衛門
 「おお、義左衛門!ご苦労であった。こちらは休養十分じゃ。そちは一旦休んでおれ。本丸までは本隊で作業を行うぞ!」


二の丸跡
二の丸跡
 本丸の西側に位置し、東西50M、南北100Mをゆうに超える広大な曲輪。


二の丸合坂
二の丸合坂
 石塁上に登るための合坂と呼ばれる向かい合った石段が多用されている。これは多数の兵員の石塁上への移動を素早く行うためのものである。


彦右衛門
 「二の丸も広いのう。逐一破却してまわるのは、かなりの大変だぞ!」


幸之助
 「しかし、こんなへんぴな所に立てこもられて一揆でも起こされたら、手の出しようがござらぬダニ。一揆ならずとも、地方豪族が離反致せば難儀な戦となるは必定ダニ。今のうちに手を打っておくんダニ。」


彦右衛門
 「しかし、章之進と俊丸は生き生きしておるのう。」


幸之助
 「もう破壊するのが楽しくて仕方ないみたいダニ。」


章之進
 「オラオラオラ!根性いれたらんかぁ!このデブ城がぁ!」


俊丸
 「デブデブ言ってんじゃねぇ!このダメ城が!オラオラオラ!」


彦右衛門
 「うーん、あいつら互いにけなしあっておるだけじゃないかいな?」


幸之助
 「彦右衛門様、あらかた完了致しました故、本丸天守閣の下を守る遊撃丸に参りましょう!」


遊撃丸
遊撃丸
 本丸天守北西に突出した曲輪。50M四方程の大きさである。外郭に対してむき出しになった天守を守るための曲輪であろう。


彦右衛門
 「ここも広い!全く馬鹿でかい城じゃ!こんなもん造って、朝鮮出兵も失敗したのではえらい大損じゃのう。」


章之進
 「全くでござる。太閤だけに大功をたてようと焦ったのでござりましょう!」


一同
 「………………。ささ、仕事仕事。」


水手曲輪
水手曲輪
 本丸北側に位置する方形の曲輪。名護屋城は水の便が悪いため、本丸内に降った雨水が流れ込んでここに貯水されるようになっていたと伝わる。


彦右衛門
 「水手曲輪も破却しておけ!水に困れば、ここへの籠城もかなうまい。」


天守台
遊撃丸から天守台を望む

彦右衛門
 「いよいよ本丸にかかるぞ!」


彦右衛門勢
 「オオーッ!」




blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「さあ、いよいよ県外へ遠征ですぞ!」


彦右衛門
 「おお、やっとやっと県外か!地域情報みたいな物語から、ようやく脱出じゃのう。」


章之進
 「いやー、このまま県内だけの攻略で終わってしまうのかと思ってましたよ。」


彦右衛門
 「なかなか遠くまで攻め撮りに行く時間と金がないのぢゃ!」


俊丸
 「ここでそんな内情を吐露してもどうしようもないデブ。」


義左衛門
 「とにかく参りましょう!目的地は肥前の国、名護屋城!」


彦右衛門
 「何?そこって、天下人の豊臣秀吉さんの城じゃないの?うちの軍勢じゃ攻略はとても無理よ。」


義左衛門
 「大丈夫!今は兵も引き揚げて、手薄になっておりますから、ちょちょいのちょいでございますぞ!」


彦右衛門
 「ならば参ろう!あ、韋駄天の術!よっこいよっこいよっこいしょ!」


彦右衛門軍勢
 「よっこいしょうなん(横井小楠)、肥後藩士!攘夷で暗殺、困ったね!」





章之進
 「いやー!速いっすね、新幹線!」


幸之助
 「くぉうら!シレっと内情を漏らすんじゃないダニ!」


章之進
 「でも、新幹線の後は面倒臭いっすね。ローカル線で唐津駅まで行って、そこからバスかぁ……遠いし、不便だし、こんな所に城なんか築いて……。」


幸之助
 「だから現代の事情をペラペラしゃべるんじゃないダニ!」





章之進
 「あ、見えた見えた!で、デカッ!」


彦右衛門
 「えーと、もう戦国に戻っているのかな?よっしゃ到着!確かに、これは巨城じゃな。で、軍師殿、どう攻め撮りますかな?」


義左衛門
 「今は番兵も多くないでしょうから、喚声を上げてビビらせましょう。ここは太閤秀吉が、朝鮮出兵のために築いた城です。出兵の方は大失敗のようです。今後、近隣の諸国のご迷惑にならぬようにぶち壊しておきましょう。」


彦右衛門
 「了解!では、皆の衆喚声を上げて番兵を追い払った後は、各個に城破り作業開始!」



エイエイオー!



彦右衛門
 「お、番兵共が逃げ出して行くぞ!それかかれ!」


俊丸
 「早速、城の縄張りを手に入れたデブ!やはり半端な城じゃないデブよ。」

名護屋城 縄張り
写真は拡大します

章之進
 「もう大手門からして半端じゃないっすね。こんな規模の城は見たことがないですよ。しかも、周りにも陣屋がいっぱい立ち並んでるし。」


義左衛門
 「日本全国の大小名がこぞって集まってきたのじゃ。常時20万人もの人数が滞在しておって、一時は京、大坂に匹敵するような九州史上空前の巨大都市が出現したというぞ。」


駐車場から東出丸と三の丸の石垣を望む
駐車場から東出丸(写真右)と三の丸(後方)を望む

大手口
大手口
 城の正面入口といわれており、ここから南の唐津に向かって「太閤道」と呼ばれる道が伸びている。

東出丸跡
東出丸跡
 東方に張り出した長方形の曲輪で、大手口、三の丸警護のための侍詰所があったと推定される。別名、「千人枡」(せんにんます)とも呼ばれる。


幸之助
 「とりあえず、大手口と東出丸は破却完了ダニ。しかし、もの凄い規模ダニ。さすが天下人。この先もこんな城を相手にするダニか?これで立てこもられたら、兵力がいくらあっても足りんダニ。」


彦右衛門
 「また兵を募らねばならんのう。それより急ごう。まごまごして戦になったら大変じゃ。鬼の居ぬ間の洗濯、洗濯。」


章之進
 「今回はコソ泥みたいで、情けないっす!」


義左衛門
 「言うな言うな。地方の小さな城撮りとは訳が違うからのう。」


三の丸
三の丸跡
 東西34間(68M)南北62間(124M)の規模を誇る、本丸の一段下に設けられた曲輪。本丸警護の侍が詰めていたと推定される。


義左衛門
 「われらの小城とは訳が違いますな。ここも広い。」


彦右衛門
 「朝鮮はおろか唐入りまでもにらんだ城だからのう。われらもさっさと城を攻め撮って、天下人にならねばならんぞ。待っておれよ、信長、秀吉、家康!」


章之進
 はなくそほーじほーじ、
 「今回、留守を狙った割には言うことが大きいっすねぇ。」


彦右衛門
 「やかあしゃあ!壊してる最中も秀吉の軍勢が現れぬかとビクビクもんじゃぞ!少しは空元気を出しておかねばやっとれるかぁ!」


章之進
 「あ、本当だ!足腰がカクカクいうとる!」


彦右衛門
 「む、武者震い武者震い!」


三の丸櫓台
三の丸櫓台
 名護屋城で最大規模を誇る櫓台である。


義左衛門
 「この櫓台、地方の城の本丸天守閣クラスですな。使ってる石もでかいし。」


俊丸
 「ささ、屋根の上に登るデブ!それっ!」



ズ、ズーン!メリメリメリッ!!



俊丸
 「伊賀忍法、櫓破りの術!」


一同
 「お前、どんどん太ってきてないか?それに、忍法ってただ乗っただけやん!」


俊丸
 「う、うるさいデブ!さっさと次の馬場に行くデブ!」


馬場跡
馬場跡
 本丸南側にある細長い曲輪で長さ100M、幅15Mある。右の高石垣(高さ12M)の上が本丸になる。西側の二の丸と東側の三の丸を結ぶ重要な通路である。乗馬の訓練をしたとの言い伝えもある。


幸之助
 「こりゃまた長い曲輪ダニ。あ、章之進よ、100M競争ができるダニ。よーい、ドン!」


章之進
 「だっしゃあぁ!」


彦右衛門
 「これこれ、遊ぶでない!なんかもうピクニック気分だのう。でかすぎるので一休み致すか。続きはまた今度……わーい、お前らだけで遊ぶなよぅ!」


義左衛門
 「ああ、行ってしまわれた。皆の者、ご苦労であった!一旦休憩を入れようぞ!」


馬場櫓台
馬場櫓台を本丸より望む
 馬場の通路途中に設けられた櫓台。名護屋城の櫓配置の中では特殊な例という。右手奥の石垣は弾正丸のものである。



blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!

アクセスアップ相互リンク集ランキングに援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

<岡山城>


 岡山城を接収した宇喜田直家は、手狭になった沼城から本拠地を移転することにしました。


 当時、岡山城の辺りは丘陵地帯で、現在の天守閣のある岡山、その西に石山、その北西に天神山と3つの丘陵が連なっていたそうです。


 宇喜田直家当時の本丸は石山(現在の二の丸)にありました。


 本拠地移転に伴い宇喜多直家は、当時北の半田山の麓を通過していた山陽道を南に付け替え、岡山城の城下町を通るようにしました。また、城下町には福岡の市や西大寺の市の商人達を移住させました。


 こうして岡山の町は宇喜多直家によって、発展の基礎が築かれることとなりました。


 しかし、商人を移住させられた福岡の市は、間もなく起きた洪水によって壊滅的な打撃を被り、以後福岡千軒と言われた活気を取り戻すことはありませんでした。


 因みに、この福岡千軒に住んでいたこともある黒田官兵衛の子、黒田長政は往時の福岡の繁栄振りを記憶に刻んでいたため、あのように繁栄して欲しいとの思いで自分の城下町を福岡と命名しました。これが現在の福岡県の名前の由来となっています。


 願いはかなって、福岡千軒どころの騒ぎではない九州一の大都市に成長していますね。宇喜田直家が現れないことを祈りましょう(笑)。





 時代は下り、宇喜田家は直家がこの世を去り、家督はその嫡子八郎(後の宇喜田秀家)に継がれます。直家は幼い八郎のことを思い、後事を織田信長の中国方面司令官であった羽柴秀吉に託していました。


 秀吉は無事、家督を八郎に継がせると、後見人となり元服の時には自分の一字を与えて秀家と名乗らせました。また、前田家から養女にもらっていたお豪を秀家の嫁として、姻戚関係を結びます。こうして、宇喜田家は太閤秀吉の身内大名としての地位を固め、秀家は備前宰相と呼ばれるまでに出世しました。


 この背景には、直家との約束もありましたが、秀家の母親、お福の方の存在が大きかったと思われます。


 お福の方は絶世の美女とうたわれた女性で、直家が沼城にいる頃に後妻として迎えられ、八郎を産みました。直家の死後は秀吉の寵愛を受け、このことが八郎秀家の出世に大きく貢献したと思われます。


 この秀家の代になって、現在の岡山城の原型ができました。秀吉の命令で、身内大名に相応しい豪壮な城造りが行われたのです。その大きさは代々の改修を重ねた結果、南北3・5キロ、東西1・3キロにも及びます。また、本丸だけで下の段、中の段、本段に分かれており、現在整備されているのは本丸跡にすぎません。


 前述の通り、当時は石山に本丸があり(現在の二の丸)、そこを改修にあたって本丸にする予定だったのですが、秀吉の提案で少し東に奥まった現在の場所、岡山と呼ばれた丘にしたそうです。これが岡山の地名の由来となりました。本丸を東に移したのは、西の雄、毛利家やその他の西国大名への抑えとして、防御を強固にするためだったのでしょう。


 築城にあたっては、現在より東に流れていた旭川の流れを付け替えました。岡山は石山よりも低かったため防御を固める必要があり、掘った土を本丸に盛り旭川の流れを掘った後に流し込んだものです。


 普請奉行には数学、築城術に優れた中村次郎兵衛が任命されました。前田家から豪姫について来た侍で、上方の技術を身に付けていたことから抜擢されました。因みにこの人、この後宇喜田家の旧臣から恨みをかい、前田家に遁走する羽目になります。


 天守閣は初期の心柱のない工法で築かれた前期望楼型天守です。望楼型というのは、土台となる最下層の屋敷の上に、望楼をちょこんと載せる方式ですね。石垣の形がいびつだと1階の形もいびつになるため、まず低い御殿を建てた上で、望楼を上に載せる方式にせざるを得ないそうです。


 その話の通り、最下層は全国的に珍しい不等辺五角形となっています。安土城の不等辺八角形の天守を真似て作られたという伝承もあるそうです。


 これに対し建築技術が進むと、上にいくに従って4辺を均等に逓減させる層塔型という方式が登場します。石垣を正方形にきちんと積む技術が出来上がったことによるものだそうで、こちらの方が簡単な構造で造るのにも時間がかからないそうです。これは1600年以後の築城ブームを下支えする技術でした。


 天守閣の横にある付櫓は、宇喜田秀家が朝鮮出兵の折に、なかなか落ちなかった城の中に食料庫があったことを知って、これを真似て付けたものと言われています。





 城は、関ヶ原で宇喜田家が敗北した後、小早川秀秋を経て、姫路城主池田輝政の息子へと継がれます。


 岡山城では、歴代の城主が改修を重ねたため、宇喜田時代の自然石を使って積む野面積み(天守閣の土台の石垣)の他、切込接(きりこみはぎ)と呼ばれる石に切込みを入れて割って形を整えてから積む方式など、3種類の石垣を見る事ができます。


宇喜田時代の本丸石垣 野面積みである

本丸下の野面積


小早川時代の石垣 大納戸櫓跡の下

大納戸櫓跡


 本丸中の段北部の下の石垣は、池田忠雄(ただかつ)期のもので一番新しく、切込接で端を算木積(長方形の石を交互に組んで積み上げる方式)にしてあり、反りがあります。多くの方が見慣れている石垣の形でしょう。


本丸中の段の北にある廊下門付近の石垣

廊下門
門の左側の石垣が算木積になっている


 また、本丸中の段からは宇喜田時代の石垣が出土しており、当初の曲輪を後の藩主、池田忠雄(ただかつ)が北の方へ拡張したことが分かっています。


出土した宇喜田時代の石垣

出土石垣


 岡山城はその黒い容姿から「烏城(うじょう)」、或いは、金箔押しの瓦、鯱を有していたことから「金烏城」とも呼ばれています。「烏」はカラスのことですね。え、イメージが悪いですか(笑)?


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!

アクセスアップ相互リンク集ランキングに援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。