日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「さあて、久しぶりの城攻めじゃ!」


章之進
「つ~か、あ~た、散々休みまくって、こっちは暇で暇で仕方なかったっすよ。」


彦右衛門
「そういうなって。こっちにだって都合ってもんがあるんじゃい!」


章之進
「逆ギレっすか!?」


義左衛門
「まあまあ、今回の城攻めは美濃の国、稲葉山城でござる。」


章之進
「やだッ!拙者でも知っておる天下の名城ではないですか。それに、マムシと呼ばれる知恵者が治めておるとか。なんでそんなエグイところに。」


義左衛門
「いや、やだって言われてもね、もう決めちゃったから。それに、そのマムシこと斎藤道三殿から、嫡男の義龍を攻めるための加勢を請われておるのじゃ。」


章之進
「なんでこんな遠い場所から加勢せなあかんのですか?」


義左衛門
「それは、そうしないと企画が前に進まないからじゃな。」


彦右衛門
「ということで、さっさと行くぞ!」







岐阜城遠景



章之進
「着いた!いや~、新幹線N700系って聞きしに勝る乗り心地っすね。岐阜には停車しないのが痛いですけど。」


彦右衛門
「おいおい、随分な感想を言うてくれるやんけ!城に対する感想はないんかい!」


章之進
「城、城と…………高ッ!!あんなところ攻め撮れませんよ。帰りましょう。」


彦右衛門
「待たんか~い!まずは状況説明じゃ。」


義左衛門
「はッ、稲葉山城は今回加勢を請われた斎藤道三殿から、嫡男の斎藤義龍へ譲り渡されております。しかし、両者の仲が険悪になっておる様子。今回は斎藤道三殿に御味方し、共に稲葉山城を落とそうという算段にござりまする。なお、敵将・斎藤義龍は剛の者という噂なれば、油断は大敵にござるぞ。」


彦右衛門
「さて、それでは道三殿の城へ入城すると致そう。」


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。