日本の城  日本の城
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦右衛門
「さて、山上まで攻め上がらねばならんが、天下に名だたる山城じゃ。どのように攻め撮るかのう。」


義左衛門
「別働隊を組織し、裏道より城内に忍び込ませ、合図と共に内と外から一斉攻撃するのが上策でしょう。」


彦右衛門
「となると、章之進じゃな。」


章之進
「そうくると思いましたよ。はいはい、やりゃいいんでしょ。」


彦右衛門
「では、本隊はろーぷうぇーにて山上まで行き、章之進の合図があるまで待機。」


章之進
「え、拙者だけ歩いて登れってか?」


義左衛門
「はい、これが地図ね。迷子にならないように。ほら、ヒョウタンの水筒に水を入れてあげたから、うまく潜入できたらこれを振って合図ね。」


金華山地図

 稲葉山城(岐阜城)の天守閣がある山頂には、複数のハイキングコースが通っている。時間があれば、登ってみるのもよい。山頂には西山麓からロープウェーが通っており、食堂もある。


章之進
「ぜは~、ぜは~、何でいつも拙者だけ………。」







彦右衛門
「さて、ここはどこじゃな?」


義左衛門
「『天下第一の門』とありますな。でも、この冠木門は後世の作。信長の偉業を称え記念に建てたもののようですぞ。」


彦右衛門
「じゃ、関係ないのね。では、もそっと兵を進めよう。」


天下一の門

天下第一の門



彦右衛門
「おっと、厄介そうな難所が見えてきたぞ。」


義左衛門
「上格子門ですな。抵抗が激しそうですぞ。ここで章之進からの合図を待ちましょう。」


表門

 上格子門(あげこうしもん)跡。城下の大手門から七曲道と呼ばれる急な坂道を登ってくると、この門に着く。左手は切り立った崖、右手に岩塊があり、頂には七間櫓が築かれていた。本丸へ至る道の途中に天然の地形を生かして作られた要害で、慶長5年(1600年)8月23日、関ヶ原合戦の前哨戦において、東軍・福島正則の兵と岐阜城主・織田秀信の兵がこの地を巡り激しく争った。


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「それ、お次は城主の居館を攻め撮るのじゃ。」


信長居館跡

信長居館跡2

虎口

居館跡

居館石垣跡

 岐阜城のある金華山の西麓には、織田信長の居館跡が残っている。戦国大名に相応しい豪壮な石垣の跡も残り、往時を偲ばせる。信長時代には山頂の天守閣の他、山麓の居館も高層の建物で構成されていた。下は、信長時代の岐阜城の様子。


信長時代

義左衛門
「さすがは北から西に長良川、南に木曽川、さらに西に揖斐川を抑え、南には広大な濃尾平野をにらむ要衝。繁栄振りも一筋縄ではありませんな。ここを撮れば、いよいよ天下も見えてくると申すもの。」


彦右衛門
「城主の龍興は、既に山頂に逃げ失せたか。」


章之進
「では、すぐに攻め立てましょう!」


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「よ~し、まずは周辺の地図で、この辺りの地形を確認じゃ。」


義左衛門
「城の西麓が城下町のようですな。」


彦右衛門
「それ、まずは岐阜の町を攻め撮れ!」


幸之助
「心得たダニ!」


岐阜城城下町



城下町2



城下町

岐阜市歴史博物館内に再現された中世の街

 岐阜城の西麓、岐阜公園内にある歴史博物館はお勧め。同公園内から岐阜城本丸のある金華山山頂に向けてロープウェーも運行されている。また、同公園内には織田信長居館跡も整備されている。


章之進
「ごめんよ~、邪魔するでぇ~。」


町人
「邪魔するんやったら帰ってぇ~。」


章之進
「あいよ~。」


義左衛門
「う~ん、ベタベタな吉本新喜劇のネタですな。章之進め、腕をあげおって。」


彦右衛門
「…………………。」


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

章之進
「またまた長期間のご無沙汰でしたな。」


彦右衛門
「仕方なかろう。こっちだって忙しいんだから。で、どこからだっけ?」


義左衛門
「斎藤道三殿の居城・鷺山城へ向かうところからです。」


彦右衛門
「よっしゃ、行くぞ!」


鷺山城

稲葉山城より鷺山城を望む

 写真中央を流れる川が、道三と義龍が激突した長良川。稲葉山城(岐阜城)の北(写真右手)から西(写真正面)を周り、南(写真左手)に向かって流れている。その奥、真ん中やや上寄りのこんもりとした緑の小山が鷺山城跡で、道三の隠居城であった。


俊丸
「報告デ~ブ!斎藤道三殿、長良川にて義龍の軍勢と激突し、あえない御最期!」


彦右衛門
「何ぃ、間に合わなかったかッ!」


章之進
「って、そりゃあんた、3ヶ月も更新をさぼったら間に合わんわな。」


彦右衛門
「いや、そういう事情は関係ないから。」


俊丸
「もう1つ報告デブ。義龍も病により死亡したようデブ。」


彦右衛門
「ほらみろ、えっへん、さぼったから強敵がいなくなったじゃないか。」


章之進
「雑な話の進め方ですな。」


彦右衛門
「う、うるしゃい。身長が2メートルに達するような化け物武将なんか、相手にしておられるか!」


義左衛門
「ともあれ、跡継ぎの龍興は当主の器ではないようです。一気に城を囲み、裏道から別働隊を忍ばせ落としましょう。」


彦右衛門
「よし、ものども、かかれ!」


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。