日本の城  日本の城新庄山城 備前 二十一の二
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

新庄山城



新庄山城を北から望む(周辺地図



彦右衛門
「さてと、あれが新庄山城か。小城の上に、守りも大して固く無さそうじゃのう。」


義左衛門
「左様。直家め、最後の悪あがきといったところでございましょう。ここは1つ、周りを我が大軍で囲み、ジリジリと包囲を狭めて降伏させましょうぞ。」


幸之助
「あやつの悪知恵は、今後使いどころがあるかもしれないんダニ。」


俊丸
「彦右衛門様、付近の地図デブ。」


彦右衛門
「おお、デブのくせにいつもながらに素早い動き!どらどら……。」


ちず



彦右衛門
「こりゃまた、いつになくアバウトな地図で……。」


義左衛門
「どうやら尾根伝いに本丸へ詰め寄れそうですな。我が手の者に回り込ませますゆえ、彦右衛門殿は正面からジリジリと迫られよ。」


彦右衛門
「よし、参るぞ!」







一方、こちらは本丸。


宇喜多直家
「むう、留守を狙って備前を攻略するつもりが、なんたる速い動き。しかも、何時の間にやら斯様な大軍を率いるまでになっておる。」


宇喜田忠家
「兄上、ここは潔く……。」


直家
「いや、彦右衛門めは、これからも覇業を進める気であろう。ならば有能な部下は1人でも多く欲しいはず。本丸へ兵を引け!立て籠った上で、降伏交渉じゃ。」


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/100-b7df1ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。