日本の城  日本の城新庄山城 備前 二十一の三
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

登山口


彦右衛門
「よし、ここが登山口のようじゃの。かかれ!」


山道


途中の山道


章之進
「ぜえぜえ、こっちはなんだか道も狭くて、坂道もきついですぞ。」


彦右衛門
「くそッ!また義左衛門めに騙されたか!じゃが、大した城ではない。見よ、もう本丸がすぐそこじゃ。」


宇喜田直家
「そこにおわすは彦右衛門殿とお見受け致した。我ら最早抵抗の気などござらぬ。降伏を受け入れてもらいたいのじゃが。」


章之進
「あんなこと言ってますよ。願ったり叶ったりではありますが、毒を盛ってくれたこともあるし、迂闊に本丸に入るのもねぇ。」


直家
「お疑いのようであれば、我が子、八郎を人質として差し出すが?」


彦右衛門
「ふむ、では人質が当方に来たる後、本丸にてお会い致そう。」


 こうして、直家の子、八郎が彦右衛門の元へ送られ、彦右衛門勢は本丸に入城した。


本丸跡


本丸跡


 現在は石鉄神社が建っている(写真の建物がそう)。


章之進
「いや~、来たはいいけど、しけた城ですね~。」


直家
「う、うるしゃい!誰のせいでこんなところで……ぶつぶつ。」


彦右衛門
「で、降伏するのじゃな?」


直家
「そ、それはもちろんのことにござる。」

(ふん、いずれ隙を見て……。)


彦右衛門
「隙を見てなぞと考えおれば、そちとそちの息子、容赦なく討ち撮ってくれるぞ!」


直家
ギクッ!!

「そんな滅相もない。これからは良き相談相手として、義左衛門殿と同様にお役に立ち申しますぞ。」


彦右衛門
「よし、ではゆるりと城からの眺めを楽しませてもらうとするか。」


北を望む


 本丸から北を望む。平野部を左手に進めば、宇喜多直家飛躍の城、沼城がある。雑木に覆われて見えなかったが、取り払えば見えるであろう。


ハイキングコース


 尾根伝いにハイキングコースがある。そこから新庄山城を見た写真。正面の山が新庄山城。


義左衛門
「おお、どうやら首尾よく降伏させたようじゃな。」


幸之助
「相変わらず、美味しいところは彦右衛門様に与えているように見えて、その実、楽をしまくりなんダニ。お、あれに見えるは、昔落とした乙子城ではないダニか?」


義左衛門
「その通りじゃ。備前南部の穀倉地帯と海上権益は、丸々頂いたということじゃのう。それに、気は許せぬが頼もしい味方も増えたようじゃし。」


乙子城


 ハイキングコースより南を望む。宇喜田直家が、浦上宗景から最初に拝領した乙子城が見える。直家は乙子城から、ここ新庄山城、そして沼城、岡山城へと居城を移し、乱世をのしあがっていった。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/101-82cee163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。