日本の城  日本の城稲葉山城 其の五
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦右衛門
「さて、山上まで攻め上がらねばならんが、天下に名だたる山城じゃ。どのように攻め撮るかのう。」


義左衛門
「別働隊を組織し、裏道より城内に忍び込ませ、合図と共に内と外から一斉攻撃するのが上策でしょう。」


彦右衛門
「となると、章之進じゃな。」


章之進
「そうくると思いましたよ。はいはい、やりゃいいんでしょ。」


彦右衛門
「では、本隊はろーぷうぇーにて山上まで行き、章之進の合図があるまで待機。」


章之進
「え、拙者だけ歩いて登れってか?」


義左衛門
「はい、これが地図ね。迷子にならないように。ほら、ヒョウタンの水筒に水を入れてあげたから、うまく潜入できたらこれを振って合図ね。」


金華山地図

 稲葉山城(岐阜城)の天守閣がある山頂には、複数のハイキングコースが通っている。時間があれば、登ってみるのもよい。山頂には西山麓からロープウェーが通っており、食堂もある。


章之進
「ぜは~、ぜは~、何でいつも拙者だけ………。」







彦右衛門
「さて、ここはどこじゃな?」


義左衛門
「『天下第一の門』とありますな。でも、この冠木門は後世の作。信長の偉業を称え記念に建てたもののようですぞ。」


彦右衛門
「じゃ、関係ないのね。では、もそっと兵を進めよう。」


天下一の門

天下第一の門



彦右衛門
「おっと、厄介そうな難所が見えてきたぞ。」


義左衛門
「上格子門ですな。抵抗が激しそうですぞ。ここで章之進からの合図を待ちましょう。」


表門

 上格子門(あげこうしもん)跡。城下の大手門から七曲道と呼ばれる急な坂道を登ってくると、この門に着く。左手は切り立った崖、右手に岩塊があり、頂には七間櫓が築かれていた。本丸へ至る道の途中に天然の地形を生かして作られた要害で、慶長5年(1600年)8月23日、関ヶ原合戦の前哨戦において、東軍・福島正則の兵と岐阜城主・織田秀信の兵がこの地を巡り激しく争った。


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/107-2a8065f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。