日本の城  日本の城稲葉山城 其の六
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

章之進
「ぜは~、ぜは~、お、あれに見えるは薪小屋。早速、火を放ってと………。よし、合図じゃ!」


藤吉郎ひょうたん

ほこら

天狗岩と祠



 永禄十年(1567年)8月14日、地元の猟師・堀尾茂助の案内で、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が、岩戸口から蜂須賀小六ら10名にも充たない人数で稲葉山城に潜入した。薪小屋に火を放ち城内をかく乱した後、ここ天狗岩の上にて、後に馬印となるひょうたんを槍先に掲げ、潜入成功の勝鬨をあげたという。難攻不落の稲葉山城を落城に導く大手柄であった。


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/108-7b8cf76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。