日本の城  日本の城稲葉山城 其の七
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義左衛門
「お、城内より火の手が上がりましたぞ。ん、あれに見ゆるは章之進。ひょうたんを振りかざしておりますな。」


彦右衛門
「城内も混乱しておる様子。一気になだれこめ!」


馬場跡

馬場跡

 上格子門を通過すると、幅三間(5・4メートル)、長さ三十間(54メートル)の平坦な郭(くるわ)が現れる。岐阜城(稲葉山城)に詰めていた将兵の馬を繋いでいた場所、あるいは乗馬の訓練をしていた場所とされる。一説には、馬場ではなく矢場、即ち弓の訓練をした場所とも言われる。







彦右衛門
「お、章之進。ようやった。」


章之進
「ささっ、次は二の丸門を攻め撮りましょう。」


二の門

二の丸門跡

 本丸の南西に位置し、本丸を防御する二の丸へ至る門があった場所。慶長5年(1600年)8月23日、関ヶ原前哨戦となった岐阜城攻略戦において、ここ二の丸を巡り激しい戦闘が行われた。戦闘中、城内の煙硝蔵に火が回り大爆発。濃尾平野一帯に岐阜城の落城を知らせることとなった。







義左衛門
「さあ、いよいよ天守閣が見えてきましたぞ。」


二の丸より本丸

二の丸より天守閣を望む



日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/109-3550cf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。