日本の城  日本の城俊丸お仕置きの儀
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彦右衛門
 「前回の岩屋城での大失態を放置する訳にもいかん。全軍に示しがつかぬゆえ、俊丸は罰さねばならんがどうするかのう………。」

義左衛門
 「左様にござりまする。放置はできませぬが、俊丸は乙子城以来、戦功も大きうござりまする。まずは召し出して尋問致されてはいかがでしょう?」

彦右衛門
 「よし、俊丸を呼べ!」

 スタスタスタスタ

俊丸
 「お召しにより参上仕った!」

彦右衛門
 「あれ?俊丸?」

俊丸
 「左様にござりまする。」

義左衛門
 「お主、かなり痩せたのう……。しかも、語尾のデブまで取れて痛々しいのう。」

俊丸
 「先般の大失態以来、心を痛めており申したが、その為このような身体に相成ってござりまする。」

義左衛門
 「ふむ、彦右衛門殿、これは罰の必要はないのではござりますまいか。我が将兵も俊丸の戦功は知っておりますれば、これ程の心労を重ねた身体を見れば罰を与えずとも納得致すでござりましょう。」

彦右衛門
 「そうじゃのう。俊丸、この度の罪は問うまい。これからも我が軍のために尽くしてくれい!」

俊丸
 「はは、有り難き仕合せにござりまする。これからも粉骨砕身して彦右衛門様を助けましょう!」

 (しめしめ、最近行商を通じて手に入れた秘伝の丸薬グリーン・デトックスが効いてくれたデブ。しかし、良く効いたのう。今晩からはちょっと緩めて、今まで通り好きなもんを食うデブ。この手はこれからも使えるデブ。また痩身効果の高い丸薬を手に入れておかねばのう。我が秘術、痩身の術に終わりはないデブ!)



 城撮り物語 ~目指せ戦国無双~ を最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/25-a8dfced7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。