日本の城  日本の城名護屋城 肥前 十の二
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
 「さあ、本隊が休息している間に、別働隊を動かしておこう。搦め手口から攻め撮って参るぞ!二の丸にて本隊と合流致す!」


別働隊
 「オオーッ!」


搦め手口
搦め手口
 登って右に折れれば、弾正丸に至る。搦め手とは城の裏側という意味で、大手の反対の言葉。入り口を屈折させた典型的な喰違い虎口であり、三方から横矢がかかり敵方の侵入を阻む。因みに、名護屋城にはこの他に、水手口、山里口、船手口の計5つの出入口がある。


義左衛門
 「それにしても、何たる堅い守りじゃ。まともに来ておったら、攻め撮るのに何年かかるか分からぬぞ。」


彦右衛門
 「おお、義左衛門!ご苦労であった。こちらは休養十分じゃ。そちは一旦休んでおれ。本丸までは本隊で作業を行うぞ!」


二の丸跡
二の丸跡
 本丸の西側に位置し、東西50M、南北100Mをゆうに超える広大な曲輪。


二の丸合坂
二の丸合坂
 石塁上に登るための合坂と呼ばれる向かい合った石段が多用されている。これは多数の兵員の石塁上への移動を素早く行うためのものである。


彦右衛門
 「二の丸も広いのう。逐一破却してまわるのは、かなりの大変だぞ!」


幸之助
 「しかし、こんなへんぴな所に立てこもられて一揆でも起こされたら、手の出しようがござらぬダニ。一揆ならずとも、地方豪族が離反致せば難儀な戦となるは必定ダニ。今のうちに手を打っておくんダニ。」


彦右衛門
 「しかし、章之進と俊丸は生き生きしておるのう。」


幸之助
 「もう破壊するのが楽しくて仕方ないみたいダニ。」


章之進
 「オラオラオラ!根性いれたらんかぁ!このデブ城がぁ!」


俊丸
 「デブデブ言ってんじゃねぇ!このダメ城が!オラオラオラ!」


彦右衛門
 「うーん、あいつら互いにけなしあっておるだけじゃないかいな?」


幸之助
 「彦右衛門様、あらかた完了致しました故、本丸天守閣の下を守る遊撃丸に参りましょう!」


遊撃丸
遊撃丸
 本丸天守北西に突出した曲輪。50M四方程の大きさである。外郭に対してむき出しになった天守を守るための曲輪であろう。


彦右衛門
 「ここも広い!全く馬鹿でかい城じゃ!こんなもん造って、朝鮮出兵も失敗したのではえらい大損じゃのう。」


章之進
 「全くでござる。太閤だけに大功をたてようと焦ったのでござりましょう!」


一同
 「………………。ささ、仕事仕事。」


水手曲輪
水手曲輪
 本丸北側に位置する方形の曲輪。名護屋城は水の便が悪いため、本丸内に降った雨水が流れ込んでここに貯水されるようになっていたと伝わる。


彦右衛門
 「水手曲輪も破却しておけ!水に困れば、ここへの籠城もかなうまい。」


天守台
遊撃丸から天守台を望む

彦右衛門
 「いよいよ本丸にかかるぞ!」


彦右衛門勢
 「オオーッ!」




blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/39-0795fa1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。