日本の城  日本の城戦国武将日記
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

俊丸
「彦右衛門様!諸国を巡る我が手の者より、新たな同盟相手からの書状を受け取って参りましたデブ!」


彦右衛門
「おお、でかした!して、次の同盟相手はどのようなお方かな?」


義左衛門
「その儀は拙者から説明致し申そう。既に、俊丸からの報告で情報をまとめておりまするからのう。」


幸之助
「相変わらず手際がいいんダニ。早速、相手の城中の様子など聞きたいダニ。」


義左衛門
「うむ、今回の同盟相手は橘昌幸殿じゃ。戦国武将日記を立ち上げておられる。」


章之進
「昌幸という名は、音に聞く真田幸隆の三男坊と同じ名前ですな。知恵者の予感がバリバリですぞ。」


義左衛門
「その通り。戦国武将の視点でブログを書いていくという、面白い企画を進めておられるのじゃ。既に、明智光秀、浅井長政を書き、現在は大谷刑部吉継の日記を進めておられるようじゃ。」


彦右衛門
「ほっほう。戦国武将のうちでも悲劇の武将ばかりではないか。しかし、そのようなあまり皆が振り向かない武将を取り上げておられるのは、素晴らしいことではないか。」


幸之助
「そうダニ。目のつけどころが違うのは、人と違う証拠ダニ。どらどら拙者にも情報を見せるダニ。ふんふん、おや、テーマは歴史というよりも移りゆく人の心かもしれぬダニな。」


義左衛門
「確かにのう。文学的な趣が強いかもしれぬ。いずれにせよ、当城内のように笑かし半分ではない。」


俊丸
「この前、自撮させた朝倉義景もいずれ取り上げてもらいたいデブな。小少将との愛に生きた義景の情けなくない別の面をバーンと出してデブな、ちょっと一般の人と違った視点から書いてもらいたいもんデブ!」


彦右衛門
「おお、お主なりに罪の意識があるのかな?越前一乗谷では自撮させる必要もないのに、お主の失火でとんでもない罪を着せてしもうたからのう。」


章之進
「全くですな。さっさと逃げ出しよってからに。折角攻め撮っても、お主の失火で失ってばかりでは命がいくつあっても足りんわ。失火だけに、もっとしっかりせんかい!」


一同
「………………。」


一同
平伏して
「こんなアホウもおりますが、同盟の儀、以後もよしなにお願い致し申す。」





blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
敵国の間者潜入中
FC2歴史ランキングから入ってきましたよ・・・。「全国の城撮り」とは敵ながら見事な志、感服致しますれば、援軍ならざる塩を贈らせていただきましょうぞ。ポチッとな。
因みに当方へのお気遣いは無用でございます。歴史ランキング、盛り上げていきましょう。ではまたの邂逅をば。
2006/06/17(土) 04:27 | URL | コウノスケ #-[ 編集]
確かに承りました
 負け組ばっかりですか・・・
 私は意識していませんでした。
 言われてみればという思いですが、大谷刑部は悲運ではあっても負け組ではないと思っています。
 彼は彼の生き方を十分に全うしたはずです。

 しかしながら、このように取り上げて下さりありがとうございます。
 こちらもリンクを貼らせて頂きます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
2006/06/17(土) 20:05 | URL | 橘 昌幸 #-[ 編集]
コウノスケ殿へ
楽市楽座楽間者。城中無警戒にて潜入は容易にござりまする(笑)。塩は有り難く頂戴致し申そう。既に当方も貴殿の城中に間者俊丸を放ちましたぞ!寝起きの枕元に手紙があるかも?
2006/06/18(日) 00:15 | URL | 彦右衛門 #-[ 編集]
橘昌幸殿へ
おお、負け組とは少し言葉が悪うござった。確かに、大谷刑部はあえて死地に飛び込んだ者。負け組と言うにはちとおかしいかもしれませぬ。勝ち負けは後の世間様の一般的な判断にて、覇王信長ですら負け組と言えば負け組と言えましょう。しかし、貴殿は目のつけどころが違う故、意識せずに多数の人の見ぬ悲劇の武将を選ばれておるのでござろう。今後、どのような人物がリストアップされていくのか、期待してみておりまするぞ。
2006/06/18(日) 00:22 | URL | 彦右衛門 #-[ 編集]
橘昌幸殿へ追伸
御気に障ったかもしれぬ部分は削除致してござる。拙者が現在大概な負け組にて、取り上げておられる武将への親近感から出た言葉ゆえお許しあれ。重ね重ね、今後とも宜しくお願い致し申す。
2006/06/18(日) 00:54 | URL | 彦右衛門 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/52-75835355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。