日本の城  日本の城将軍推戴の儀
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

義左衛門
「彦右衛門殿!越前で思わぬ方を保護致してござる!」


彦右衛門
「む、それは誰じゃ?まさか拙者の大好きな加藤あいちゃんではあるまいな?」


義左衛門
「んなわけあるかい!……失礼致した。なんと三好と松永に弑された将軍・足利義輝公の御舎弟・義昭公にござりまする。丁度、越前の朝倉を頼られていたようにて、今回の騒ぎで一乗谷を落ち延びフラフラしておられるところを保護致しました。」


彦右衛門
「ほっほう、それは面白い話じゃ。で、どうするのよ、撮害するのか?」


義左衛門
「まさか!そんなことを致せば、全国の諸大名に攻められる口実を与えるようなもの。ここは義昭公を保護しておき、将軍としてこれを推戴し上洛を致しましょう。我らに大義名分ができまするから、上洛もたやすいかと。」


彦右衛門
「おお、遂に上洛か!天朝様にもお会いできるのであろうか?」


義左衛門
「無論にござりまする!」


彦右衛門
「では、京の別嬪さんにも?」


義左衛門
「当然!」


彦右衛門
「じゃあさ、じゃあさ、原史奈ちゃんは?」


義左衛門
「会えるかーい!全く、何を考えておられるのですか!ちょいと前のグラビアアイドルばかり。ここは戦国!」


彦右衛門
「チッ!しょうがないのう。まあいいや、義昭公を御通し致せ。」






足利義昭
「御免するでござるよ。お初にお目にかかる、足利義昭でござる。ほっほう、これはまた頼もしき御仁に会えて嬉しゅうござるな。」


彦右衛門
「将軍様におかれましてはご機嫌麗しゅうござりまする。越前一乗谷を攻め撮った為にご苦労をお掛け致した由、真に申し訳なく思ってござりまする。されば上洛の儀、この彦右衛門の軍勢が責任を持って果しまする。どうか御心やすうあられよ。」


足利義昭
「おお、そうしてくれるか。朝倉義景には再三再四上洛を頼んだのだが、なかなか色よい返事をしてもらえなんだのじゃ。これは有り難い。無事上洛の暁には、位官昇進の沙汰は思いのままに致そう。無論、朝廷にも便宜を図ってやろうぞ。」


彦右衛門
(ふん、名目だけの将軍風情に何ができるか知らんが、まあよかろう。上洛のためには利用できるものは利用せねばのう。)

「ははっ!有り難き幸せにござりまする。されば早速軍勢を招集致し、上洛の手筈相整えて出発致し申そう。」


足利義昭
(ふん、美作の山奥の野武士風情に何程の事ができるか知らんが、上洛のための便宜じゃ。将軍職の復権のために利用できるだけ利用してくれるわ。)

「うむ、良きにはからえ!」



 こうして、彦右衛門勢は京を目指して越前を出立することとなった。






blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ!
いよいよ彦右衛門殿も上洛なさりまするか・・・。
京を抑えれば、全国の城を攻め撮るのにも
都合がよろしかろうと存じまする^^
松永久秀の謀計にはお気を付けくださいませ。
・・・義昭様にも、ですなw
2006/06/20(火) 19:05 | URL | 元康 #-[ 編集]
元康殿へ
ちょいとした用事で上洛致し申す(笑)。
それがしの身を案じるお言葉、かたじけなく承り候。松永めはいずれ信貴山城へ攻め入り、平蜘蛛と共に撮害致してくれますぞ!
2006/06/20(火) 22:22 | URL | 元康殿へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/53-575008b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。