日本の城  日本の城彦右衛門参内す
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「御免仕る!菊亭春季殿に面会を申し込んだ彦右衛門と申す者にござる。どうかお取り次ぎを願いたい!」


菊亭春季邸の下僕
「少々お待ちくださりませ。」


 しばらくして、


下僕
「どうぞ、こちらへ。」


菊亭春季
「おお、これはこれはよう参られた。はよう入りなはれ!」

(さて、義昭はんから頼まれたが、この田舎侍をどう扱いまひょか。)


彦右衛門
(む、顔は笑っておるが心は笑っておらぬ!ここは1つ……。)

「失礼致す。これ、章之進!」


章之進
「ははっ!ただいま!」


菊亭春季
「ん、なんでおじゃるかな、この大きな箱は?」


彦右衛門
「いやいや、大したものではござらん。ただのお菓子でござるよ。」


菊亭春季
(なんじゃ、しょうもない田舎の菓子かいな。)

「それはそれは、御心使い痛みいるでおじゃる。」


彦右衛門
「まあまあ、早速召し上がって下さりませ。章之進、お開け致せ!」


 章之進が開けた箱の中には、金が山と積まれていた。


菊亭春季
うおぅ!これは見事な黄金色のお菓子でおじゃるのう。」

(ふむ、こやつなかなかに気のきく男でおじゃるな。これは力になってやっても、損にはならんでおじゃろう。)


彦右衛門
「気に入ってくれたようにござりますな。」


菊亭春季
「無論でおじゃる。度重なる戦で、領地からの年貢ものうてな。懐具合は寂しいのでおじゃるよ。おおっと、これは内輪の話。しかし、こんなものをもらっては、御所への参内を取りなさぬわけにはいかんでおじゃるな。」


彦右衛門
「ふっふっふ!」


菊亭春季
「むっふっふ!」


二人
「にゃはははははは!」


章之進
(京は妖怪の町かのう、食わせ者ばかりじゃわ。彦右衛門様もようやるわ。)


菊亭春季
「ただのう、お主にはまだ朝廷での官位がおじゃらぬ。よって内裏に上げるわけには参らぬ。」


彦右衛門
「ようござる。地の上なりとても野武士の勤王の志を見届けて頂ければ、これに過ぎたる仕合せはござらぬ。」


菊亭春季
「うむ、あい分かった。なぁに、これだけのお菓子を頂いては、麿も動かぬ訳には参らぬ。そなたは実力に申し分もなければ、官位の沙汰も望みのままに取り次いで進ぜよう。忠勤を励めば、すぐに殿上人に昇進するでおじゃるよ。」


彦右衛門
「今後もよしなに!」






 こうして、彦右衛門は参内することとなった。


俊丸
「ささ、彦右衛門様!粗相の無いように御所の地図を手に入れて参りましたデブ!」


彦右衛門
「おお、でかした!しかし、なんだか緊張してまいったぞ!」


御所図


義左衛門
「それでは西の新在家門より入り、建礼門から参内致しましょう。」


彦右衛門
「あれ?閉まっとるし!開門、開門!


章之進
「うーん、返事が無い……空砲で合図してみましょう!空砲だから門狙ってもいいですよね~!」



 ズダーン!



 チュイーン!



章之進
「あら?弾が入ってた?」


彦右衛門
「ば、バカモノ!

鉄砲玉の跡


義左衛門
「こりゃまた見事に穴が開きましたのう。」


彦右衛門
「ああ、火がついて燻っとるじゃないか!早く消せ!」



 ギイイ



章之進
「あ、開いた!」


御所の貴族
「なんてことをするでおじゃるか!ここは普段は閉めておる門におじゃるぞ!」


章之進
「火がついて初めて開いたって訳ですな、それなら火であぶられて口を開くのに例えて、これからは蛤御門と呼ぶ事に致しましょうぞ、ホエホエ!」


幸之助
「おお、それはいい呼び名ダニ!」


貴族
「全く、少しは反省するでおじゃる。彦右衛門殿でおじゃるな。御内裏様もお待ちかねにおじゃるぞ。」


彦右衛門
「ハッ!」


蛤門

蛤御門


 幕末の元治元年(1864)、天皇簒奪を目論む長州藩と御所の警護にあたる會津・薩摩藩がこの門を中心に激戦を繰り広げた。世に言う「蛤御門の変(禁門の変)」である。長州藩は破れ、久坂玄瑞を始め多くの有能な藩士を失ってしまった。弾痕はその時のものである。


 この門は元々、新在家門と呼ばれていたが、宝永の大火(1708)の時に、それまで閉ざされていた門が初めて開かれたために、「焼けて口開く蛤」に例えられてこの名がついたという。






幸之助
「ほっほう、広大な敷地ダニ。これは御所の西側の塀なんダニ。」


西側


彦右衛門
「しかし、所々痛んでおるのう。おいたわしや。」


南の門

御所西側の門


義左衛門
「それにしても広うござるな!」


御苑

正面南北を貫く道


章之進
「おおぅ、遂に建礼門に着きましたぞ!」


建礼門

建礼門近写


彦右衛門
「ようやく天朝様に会えるのう。ドキドキじゃ!」


義左衛門
「さあ参りましょう!」






blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/55-6e3a6f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。