日本の城  日本の城茶臼山城 備前 十三の四
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

<茶臼山城(周匝城)>


 享禄・天文年間(1532~1555)の初め頃、安芸から来た笹部勘解由(亦次郎)が、標高172メートル、比高110メートルの茶臼山の頂上に築城したという。笹部氏は浦上家に服属していた。浦上家の勢力拡大に伴い、その傘下に入ったものと考えられる。


 しかし、天正5年(1577)、主家の浦上宗景が宇喜多直家の下克上により、天神山城を追われてから風向きが変わる。笹部氏はこの時、勘解由の息子・勘斎貞利の代になっていた。


 宇喜田直家は天神山城を攻略後、延原弾正景能を大将として茶臼山城にも攻め寄せた。しかし、城兵はよく防戦しこれを撃退した。


 美作併呑を目論む宇喜田直家に対し、浦上宗景に服属していた美作及び備前北東の豪族達は、三星城の後藤勝基を盟主として反宇喜田連合軍を形成。笹部勘斎もこの連合軍に加わった。しかし、これが運の尽きとなってしまった。


 天神山城落城後2年が経ち、天正7年(1579)2月、直家は延原弾正景能を総大将とし、勇将・花房助兵衛職之を付けて美作東部討伐の兵を出した。そして、最前線に位置する茶臼山城は、真っ先に宇喜田軍の攻撃を受けることとなった。


 宇喜田の大軍を受け、城兵はよく戦ったが多勢に無勢、城は落ち勘斎は討死。勘斎の息子・仙千代も城の裏手、一の谷にて討たれた。


 なお、笹部氏の出自については、亦次郎を勘次郎・勘斎とする説もあり、詳細は明らかではない。






 茶臼山城は浦上氏の天神山城の上流7、8キロの地点に位置し、美作を流れる吉野川と吉井川の合流地点にある。そのため、美作北部からの水運を押さえることができ、天神山城の防衛戦略上重要な位置を占めていたと思われる。


合流点

本丸跡より吉井川(左下から)と吉野川(上から)の合流点(右)を望む


 この戦略上の重要性から、ここ周匝の地には、江戸時代に入って備前池田藩となってから、一族の池田伊賀守長明が2万2千石で陣屋を構えることとなった。


池田家墓所

二の丸の西にある池田家の墓所には歴代領主の墓が並ぶ


 以後、周匝池田家として、備前池田藩の家老職を勤め、11代を数えて明治維新を迎えた。






 吉井川を挟んで川向こうの北側には、鷲山城がある。また、北西には大仙山城がある。大仙山城とは尾根続きであり、築城年代は大仙山城の方が古い。また、大仙山城の方が圧倒的に規模が大きいことから、茶臼山城は元々、南東の防備を固めるための出城であった可能性が高い。


 本来、浦上家に服属していた頃は、北の尼子氏に備える必要があったのであり、大仙山城はその役割を果たしていたのであろう。しかし、時代が下って南の宇喜田氏に備える必要が生じ、そこから出城であった茶臼山の重要性が飛躍的に増したものと考えられる。






吉井川

本丸跡から南方、周匝の街と吉井川を望む


 現在、茶臼山城は城山公園として整備され、素晴らしい眺めを楽しむことができる。




blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
茶臼山
 という地名は、いろんなところにあるんですよね。
 まあ、似たような形の山は同じ名前になってしまうのでしょうか。

 さて、戦国武将日記では7/3より新章直江兼続編がスタート致しました。
 今後ともよろしくお願いします。
 あ・・・また敗軍の将だ・・・
2006/07/03(月) 22:45 | URL | 橘 昌幸 #-[ 編集]
橘昌幸殿へ
そうでござるな。同じ地名の場所がたくさんありますな。竜の口なんてのも何処にでもあるのではないですかな?
おお、次は直江兼続ですか!拙者が最も好きな戦国武将といってもいいですぞ。取り上げて下されば、勉強にもなり申す。是非、素晴らしい日記に仕上げて下され。横のカラムできちんと宣伝しておきますからな。
いえいえ、兼続こそバリバリの勝ち組(生き残り組)ではないですか(笑)。でも、上杉鷹山公の治世までは、主家の衰退を招いたとして評判が最悪だったそうですな。その辺りを踏まえて書くと、二面性が出て面白くなるかもしれませぬな。頑張って下され!
2006/07/04(火) 00:12 | URL | 橘昌幸殿へ #-[ 編集]
茶臼山城の攻め撮りも無事に終えられたようですね。
時代の推移と共に、城の戦略的価値も変わって行くのですね・・・
勉強になりました^^
2006/07/04(火) 19:10 | URL | 元康 #-[ 編集]
元康殿へ
そうでござるな。その時々によって、守るべき方向も変わってくるという、とても面白い造りを楽しめる城でござった。ただ、次の大仙山城の攻め撮りには苦労しましたぞ(笑)。
2006/07/05(水) 00:27 | URL | 元康殿へ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/61-8e15f697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。