日本の城  日本の城大仙山城 備前 十四の一
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「続いて、大仙山城も攻め撮る!先手はもちろん、義左衛門に決まっておるわな。」


一同
 うなずいて、

「うんうん!」


義左衛門
「すっかたなかんべな。」


章之進
「なんで、田舎の農夫になっとるんですか!」


義左衛門
「いや、勘弁してもらえるかなと……。」


彦右衛門
「軍師殿、さっさといかんか~い!ほれ、これが縄張りじゃ。」


写真は拡大します

茶臼山城縄張り


義左衛門
「では、早速攻め撮りを開始致す!義左衛門隊は続けぃ!茶臼山城の二の丸から尾根伝いに攻撃を開始する!!」


彦右衛門
「義左衛門を援護するぞ。弓隊、鉄砲隊は前へ。足軽隊は義左衛門勢に続けぃ!」


彦右衛門勢
「オオーーッ!」


茶臼山城への道

茶臼山城二の丸へ到る道

 看板の手前を左に折れれば、道なき道を大仙山城に進むことができる。全くもって整備されていないので、コンパス、鉈があると便利(笑)。


義左衛門
「ぬ、なんたる山城!こちらの方が大きいではないか!こりゃえらいことになったぞ。」


幸之助
「軍師!我が鉄砲隊にて斉射を致す故、敵がひるんだ隙に取りかかるダニ!なぁに、既に敗軍なれば、意気も消沈しておるダニ。一当て致せば、城を捨てて逃げ出すダニ!」


義左衛門
「おお、かたじけない!されば、そのように致そうぞ!」


 ズダダーンッ!!


義左衛門
「それ今じゃ!かかれ、かかれい!」


堀切

城の東側の堀切の跡 無数にある


主郭周りの土塁跡

城の曲輪周りの空堀

 左側が東になり、敵を防ぐ空堀と土塁がある。右側の傾斜の上は曲輪になっている。傾斜は急で、とても固そう……。


主郭への道

城の中心部へ至る道


井戸(推定)

 水が溜まっており、井戸跡と思われる。茶臼山城のものより巨大であり、このことからも大仙山城が中心となる城であったことが伺われる。


義左衛門
「よし、水の手も撮ったぞ!笹部勘斎殿!もはやこの城は落ちたも同然!大人しく降伏されよ!」


笹部勘斎
「ふん!水の手を撮ったくらいでいい気になるなよ!この城はまだまだ落ちんぞ!」


義左衛門
「されば致し方なし!それ、本丸へなだれ込むのじゃ!」


彦右衛門
「義左衛門を援護致せ!全軍突撃開始じゃ!」


彦右衛門勢
「オオーーーッ!!」



blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/62-f51dfba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。