日本の城  日本の城阿修羅
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

章之進
「あれ?いつの間にか、城主の紹介板に阿修羅像が飾られとるッ!」


幸之助
「本当ダニ。」


彦右衛門
「ふふ~ん、ここの写真をどうしようかずっと考えてたんだけど、やぱし、戦いの神様と言えば阿修羅かなぁ!見よ、この凛々しいお姿を!」


章之進
「顔が三つに手が六つもあるんすけど……。」


義左衛門
「三面六臂の姿じゃな。帝釈天に戦いを挑んでは負けるのでござる。」


章之進
「は、もしかして負け戦の神様!?」


彦右衛門
「縁起でもないから止めんか~い!いいの!阿修羅で!!」


幸之助
「毘沙門天を信じた上杉謙信公のようダニ。」


俊丸
「では、我が軍の旗は『阿』を加えるデブか?」


義左衛門
「それでは、章之進の旗は『呆』でいきますか!」


章之進
「二人で戦場に出たら………『阿』『呆』………いらんわ~い!」




<阿修羅>


 釈尊の教えに感動し、帰依した他の宗教の神々を天といい、阿修羅もその天の1人。阿修羅天とも呼ばれる。


 上杉謙信の信奉した毘沙門天もこの天の一人であり、別名・多聞天とも呼ばれている。この他、吉祥天、大黒天、迦楼羅(かるら)、夜叉なども天である。


 阿修羅は須弥山の北に住み、帝釈天と戦い続けるが、力の神・帝釈天に常に負ける。仏教では、このように過去のことにこだわり、いつまでも戦いを挑むことは忌むべき行為とされている。


 この阿修羅の住む世界が六道の1つ、阿修羅道であり、終始争いが絶えず戦いの続く世界である。現在の中東やアメリカは、この阿修羅道に落ちているといえようか。


 十一面観音様ぁ、早く救ってやって下されや!………他力本願。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/65-cf82c7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。