日本の城  日本の城福山城 備後 十八の一
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「さぁてと、水軍のメドも立ったし、今度は何処を攻めようかな。」


義左衛門
「瀬戸内海の強力な水軍を叩いておく必要がありますな。彼らを倒せば、我が軍の水軍が天下一であると言ってよろしいでしょう。」


彦右衛門
「そ、そりはもしかして村上水軍というやつか?」


義左衛門
「その通り!避けては通れませぬ。まずは、備後国に兵を進める必要がありましょう。次の目標は福山城に致しましょう。」


彦右衛門
「よし、全軍に通達!韋駄天の術にて、福山城に向かう!あ、そお~れそれそれ!」


彦右衛門勢
「そお~れそれそれ、ワキも剃れ!頭も剃ったら坊さんよ!」


俊丸
「あの~、この掛け声には意味があるんデブか?」


章之進
「気合いが入るじゃろうが!」


俊丸
「…………。」





義左衛門
「さあ、着きましたぞ!」


彦右衛門
「ふむ、白壁の美しい城じゃのう。あれ、一カ所北東の部分が黒いではないか!ふふ、弱点を教えているようなものじゃのう。よく見れば、あの部分だけが外郭から距離が近いではないか。」


幸之助
「よし、大砲を持ってくるダニ。北東の方角より射撃を開始するダニ。」


 ドカーン!ヒュルルルル………。


 コォーン!!


章之進
「うお、弾き返された!」


義左衛門
「うーん、どうやら鉄板を張り巡らして防御致しおる様子。ここの城主は徳川家康の親戚筋に当たる水野勝成でしたな。西の大名共を抑えるために、備えは万全といったところでしょう。」


彦右衛門
「あ、あのぅ、もしかして今我々は征夷大将軍に逆らっておるのでしょうか?」


義左衛門
「そういうことになりますな。ま、大した事ではないですよ。援軍が来てもまずいんで、さっさと攻め撮ってしまいましょう。」


章之進
「また死地にやられた………。軍師の言う通りにしておると、いらぬ地雷ばかり踏んで歩くことになるのう………。」


彦右衛門
「もう開戦の砲弾を射ってしまったのじゃ。グズグズ言わずに攻め撮るぞ!もう我が軍も大軍となっとるんじゃ。一気に攻め寄せよ!」


彦右衛門勢
「オオーーーー!!」


天守 西から

天守閣を西から望む


福山城の場所はこちら


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!

アクセスアップ相互リンク集ランキングに援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/81-42a2090c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。