日本の城  日本の城福山城 備後 十八の三
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「それ!本丸内の各櫓を攻め撮れ!」


月見櫓

月見櫓

 本丸南東の隅に築かれた櫓で、望楼の役割を果たしていた。京都の伏見城内にあったものを移築したものと言われる。明治の初め頃に取り壊されたが、昭和41年(1966)に外観復元された。許すまじ、明治維新………。


 撮り忘れた伏見櫓と同じく、新幹線から美しい外観を見ることができる。


彦右衛門
「……………。」


鏡櫓

鏡櫓

 本丸東側、月見櫓の北に位置する二層二階の櫓で、元和5年(1619)、水野勝成が10万石で入封し福山城を築いた際に建てられた。明治6年(1873)の廃城の際に取り壊され、昭和48年(1973)に外観復元。許すまじ、明治の廃城令……。


 現在は文書館となっており、福山城の古写真や古文書を閲覧することができる。


鐘櫓

鐘櫓

 築城当時から城下や近隣諸村に時の鐘を告げた櫓。緊急時に城下の武士を招集する太鼓も備えていた。城地内に鐘櫓が存在する城は全国的に例がなく、貴重な文化財となっている。


章之進
「さて、ここの目玉の鐘櫓も攻め撮ったし、1つ鳴らしてみるとするか。」


 カーン!


 注、鐘は鳴らせません。


彦右衛門
「うおぅ、ビビったぁ!迂闊に鐘を鳴らすな、コラ!」


章之進
「あれ、太鼓もある!ついでにこいつも……。」


 ドーン!


 注、太鼓も鳴らせません。


城下の侍達
「おお!?何事じゃ!あれ!お城が攻められておるぞッ!方々、出会え、出会え!」


幸之助
「章之進!敵を増やしてどうする気ダニ!」


章之進
「いや~、しかし、今まで気付かないってのもねぇ。」


俊丸
「時代が下って平和になったところデブ。きっと安心しきっていたデブよ。そこへ急襲をかけた軍師殿は、やはりさすがデブ。」


章之進
「要するに、卑怯者ということですか?」


義左衛門
「黙らっしゃ~~~~~い(末成由美風に)!『兵とは詭道なり』『其の備え無きを攻め、其の不意に出づ』、孫子の兵法じゃ!」


章之進
「軍師の立てられる策で我が軍の武士は損ばかりしておるからのう。あ、してみると損士の兵法でござるな!うまいな、俺!」


義左衛門
「…………。」





水野勝成
「むう、どこからわいて出たかと思いきや、あっという間に本丸を攻め撮られてしもうた。応援の武士も討ち撮られておるぞ。かくなる上は、天守閣にて最後の抵抗を試みることと致そう。」


天守より本丸を望む

天守最上階より本丸跡を望む

 写真一番上が新幹線福山駅。写真右手が筋鉄御門で、その左隣・真ん中の建物が湯殿櫓である。さらに写真の左側の見えないところに月見櫓と鏡櫓がある。筋鉄御門の右側には伏見櫓。さらに写真右の見えないところに鐘櫓が存在する。下の図のような配置となる。


 月見櫓    湯殿櫓    筋鉄御門    伏見櫓

 鏡櫓    (本丸御殿)          鐘櫓

        天守閣

blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!

アクセスアップ相互リンク集ランキングに援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/83-dbf8083c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。