日本の城  日本の城因島水軍城 備後 十九の一
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「おっかしいのう。向島の対岸で落ち合う旨の書状が来たのじゃが……。」


章之進
「十枡でしたっけ?あんなインチキくさいの、アテにできませんよ。もう金をくすねて、どっかで豪遊してるんじゃないですか?」


義左衛門
「それはなかろう。俊丸の手の者に見張らせておいたからのう。きちんと真面目に仕事はしておったらしいが、どうやら秘密の仕事場を作っておったらしく、水軍の実態まではつかみかねたようじゃ。」


俊丸
「何やら巨大な船を造っておるようデブ。完成が遅れているのだと思うデブ。」


彦右衛門
「おお、それは楽しみじゃ。で、これよりどうするかのう。軍師殿、村上水軍についての情報は?」


義左衛門
「はっ、まず村上水軍には因島(いんのしま)、能島(のしま)、来島(くるしま)の三家があり申す。ここより最も近く最初のターゲットとなるべきは、因島村上水軍にござろう。因島に本拠を構え他の二家と協力し、精兵をもって瀬戸内海はおろか東は塩飽諸島、西は九州に至るまでの海上交通を抑えており申す。中国の覇者、毛利家と最も近い関係にあるのが、因島村上水軍でござる。」


彦右衛門
「聞けば聞くほど難儀な相手じゃのう。して、その兵力や石高は、いかほどのものなのじゃ?」


義左衛門
「11万4千5百石を領有致しおりますが、海上権益の恩恵を受けており、実質石高は40万石に相当すると見受けまする。」


彦右衛門
「40万石!?カシオの電子計算機で計算してと………一万石で250人の動員可能兵力と仮定して、ピ・ポ・パっとな。うおっ!形式石高で2862人!実質石高なら1万人!」


章之進
「あーた、そろばん使えっての!今は戦国時代!」


義左衛門

(暗算で概算しろや!もう放っておこう……。)

「因島水軍の総大将は、村上吉充(むらかみよしみつ)にござる。船戦には習熟しており、独自の鉄砲隊も構えおる様子にござる。」


幸之助
「そりゃそうと、さっさと攻め込まねばせっかくの奇襲が徒労に終わるダニ。」


彦右衛門
「そうじゃな。しかし、十枡を待って万全を期した方がいいかもしれぬ。俊丸!城内の様子を偵察して参れ!我が軍はいつでも攻め込めるよう、船に乗り込む準備を致せ!」


俊丸
「了解デブ。行ってくるデブ!」


 ドッポーン!ジャブジャブ!ズババババ!


章之進
「あやつ、あの身体で泳ぎも得意なのか?」


幸之助
「身体全体が浮き輪のようなものなんダニ。」





 半刻後(約1時間後)、因島水軍城内


俊丸
「コソコソコソデブ。どらどら、城内の様子はと。んん?」


城内

因島村上水軍城内に展示されている人形


村上吉充
「すると彦右衛門めは、因島の対岸に既に着到しておるのじゃな。」


田坂義英
「そのようにござる。我らの兵も既に瀬戸内の各島に伏せておりますれば、奴らが海上にノコノコ出て来た所を一気に殲滅する手はず、相整えてござる。岩本一角、島居祐宗(しまずいすけむね)、世良田貞房と私を含めた鉄砲隊も準備万端。辛き目に合わせてくれましょうぞ!」


村上吉充
「しかし、彦右衛門勢は神速の軍じゃのう。こちらもうかうかしておられんぞ。福山に細作を放っておって良かったわ。」


俊丸
「むむむ、いかんデブ。このまま海上に出て因島に攻めかかれば、たちまち因島村上水軍にやられてしまうデブ。早く彦右衛門様に御報せせねば!」


 ガタン!


村上吉充
「む、誰じゃ!」


俊丸
「しまったデブ!」


田坂義英
「彦右衛門めの飼っておる草の者か!捕らえよ!」


俊丸
「ぬおおおお!いかんデブ~!!」


 なんとか逃げようと襲い来る兵を斬り払っていた俊丸だったが、背後から火縄の焼ける臭いがしたかと思った矢先、銃口を背中に突きつけられてしまった。


岩本一角
「あきらめよ!動くとそのどでかい腹に風穴が空くぞ!」


俊丸
「無念デブ……。」


村上吉充
「彦右衛門め、この因島に草の者を忍び込ませてくるとはのう。隅櫓の地下に放り込んでおけ!こやつが帰らぬとなると、待ち切れずに船を漕ぎ出して来るは必定。すぐに出陣じゃ!」





 一方、こちらは彦右衛門の陣。


義左衛門
「遅いですな。十枡も現れませぬ。もうこれ以上待っていても埒があきませぬぞ。因島村上水軍に迎撃準備を整えられる前に、攻め寄せましょう。」


彦右衛門
「やむを得ん。攻撃は我ら本隊で行う!船を漕ぎ出し、一気に因島へ攻め寄せるのじゃ!」


 こうして、因島村上水軍が既に迎撃の準備を整えていることも知らず、彦右衛門勢は間に合わせの小舟に乗って瀬戸内海へ漕ぎ出したのであった………続く。


因島水軍城の場所はこちら


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/87-9cb7dd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。