日本の城  日本の城因島水軍城 備後 十九の三
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

 危機に陥った彦右衛門勢を助けに来たのは、馬鹿でかい船に乗った十枡だった。逃げて来る彦右衛門勢の小舟を吸収しつつ、十枡の大艦隊はゆっくりと戦場に進んできた。


彦右衛門
「な、な、な、何じゃこりゃ~!(松田優作風に)」


章之進
「げぇ、何て馬鹿でかい船!」


幸之助
「化け物ダニ!」


大和前

男たちの大和」のロケセット


十枡
「くろ~ずゆああ~いず、瞳を閉じれ~ば~♪フンフンフンフン~♪(長渕剛の真似をしながら)」


章之進
「残りの歌詞知らんのか~い!」


十枡
「ようやく完成したんだナ。ささっ、彦右衛門様こちらへ。御家来衆も上がってくるんだナ。」


彦右衛門
「あの~、助けに来てくれたのは嬉しいんすけど、この船は一体?」


十枡
「な、なんて質問なんだナ!ここは日本!日本の軍艦と言えば『大和』しかないんだナ!」


彦右衛門
「いや、あの、そういう意味ではなくて、ここは戦国時代で……。」


十枡
「さあ、村上水軍を蹴散らすんだナ!主砲46センチ砲発射準備!」


46砲

主砲の46センチ砲。最大射程は42キロを誇る。


彦右衛門
「あの~、だからここは戦国で………。」


砲術長
「主砲発射準備よ~し!」


十枡
「全艦隊10時方向へ転舵、主砲発射の後、全砲門一斉射撃!目標、2時の方向村上水軍!但し、船には当てず、ビビらせて退却させるんだナ!」


操舵士
「ヨ~ソロ~!」


彦右衛門
「いや、あの~、だからここは戦国でこの船はちょっと……。」


十枡
「発射なんだナ!」


砲術長
「発射!」



 チュド~ン、ドン、ドン!



 ヒュルルルル、ドッポーン、ドッポーン!!



水兵
「今じゃ!てぇー!」


高角砲群

測距儀

高角砲

側面高角砲群


 ダダダダダダダダ!!


 ピュンピュンピュンピュン!!


村上吉充
「ぬおおおお!何たる巨大な船!しかも、あの大筒はなんじゃ!見たこともないぞ!」


田坂義英
「兵が怖じ気づいておりまするぞ!」


村上吉充
「くそっ!一旦、因島に退却じゃ!能島の村上武吉に援軍要請の早船を出せ!彦右衛門めの水軍を侮っておったわ!」


十枡
「退却していくんだナ!すぐに追い打ちをかけて一気に攻め撮ろうヨ!」


章之進
「よし、さすが十枡じゃ。拙者は最初から信じておったぞ!」


幸之助
「なんて身代わりの早さなんダニ。あきれてモノも言えんダニ。」


義左衛門
「まあまあ、そんなことよりこの好機を逃してはなりませぬ。このまま因島へ攻め入りましょう!」


彦右衛門
「よし、全軍進め!」


 こうして十枡の援軍により、水上戦において村上水軍を蹴散らした彦右衛門軍は、因島へと駒を進めたのであった………続く。




大和


 大日本帝国海軍の誇った超弩級戦艦。弩とはイギリスの戦艦・ドレッドノートのことで、その基準を超える巨大戦艦を超弩級と呼ぶ。規模は以下の通り。


 基準排水量  65000トン

 全長     263メートル

 全幅     38・9メートル

 最大速力   27・46ノット

 乗員     3300名


 当時の最新技術を駆使して建造され、その技術は戦後日本の造船技術を影で支えたともいえる。主砲の46センチ砲は、全長1・98メートル、重量1・46トンの砲弾を最大射程42キロまで飛ばすことができた。


 しかし、戦争は既に航空機の時代に突入しており、大和も時代遅れの大艦巨砲主義の象徴となってしまった。実際、大した戦歴もないまま1945年4月7日、菊水作戦により沖縄に特攻を命じられる。その途上、鹿児島県坊ノ岬沖にて米軍航空隊386機の波状攻撃を受け大爆発し、乗員2498名と共に沈没。生存者は僅か276名。


 その様子を描いた、映画「男たちの大和」では監督の意向で、実物大のロケセットが広島県尾道市の向島、旧日立造船所跡地に造られた。


 残念ながら艦橋と船体の一部はないが、行った人にはその巨大さが実感できたであろう。現在は公開も終わっている。広島県呉市の大和ミュージアムに行けば、海に向かって細長い公園があり、そこで大和の前方左半分の大きさが分かるようになっている。


 非常に美しい軍艦であり、その悲劇的な最期と相俟って、全然役に立ってないにも関わらず(役に立たなかったから?)、現在でも人気が高い戦艦である。イギリスの知人に大和の絵はがきを送ったら、「Fine ship」だと言ってもらえた。日本的なるモノの美を認めてもらえたようで、ちょっと嬉しかった。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/89-a9f8b5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。