日本の城  日本の城能島城 伊予 二十の一
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

 伊予国大島、能島村上水軍軍議の場


村上武吉
「すると見たこともないような大筒を持っておったと申すのじゃな。」


村上吉充
「そうなのじゃ。あのような巨大な船も大筒も見たことがないわ。」


村上武吉
「しかし、その砲撃でやられた船はないのであろう?」


村上吉充
「うむ、あまりの迫力に兵が怖じ気づいてのう。」


村上武吉
「よし、八幡大菩薩の御加護があるゆえ、奴らの弾は当たらんと兵達に申し伝えよ。現に先の海戦では弾は一発も当たってないじゃろうとな。次の海戦では近接戦に持ち込み、焙烙火矢で一気に叩いてくれる。」


村上元吉
「父上、彦右衛門めの船団が参りましたぞ!」


村上景親(かげちか)
「我らも出て決戦に持ち込みましょう!」


村上武吉
「よし、船を出せ!全軍出撃じゃ!」





 一方、こちらは彦右衛門軍


章之進
「十枡のおかげで、楽な戦になりそうじゃのう。この戦艦大和があれば、村上水軍なぞはおちゃのこさいさいじゃ!」


十枡
「もっともっと褒めといて損はないんだナ!」


俊丸
「お、どうやら能島村上水軍が現れたようデブ!」


彦右衛門
「因島とも合流して大した数になっておるのう。しかし、彦右衛門水軍にかなうものなし。今度も蹴散らしてやるかのう。にゃははははは!」


 ゴツッ!


彦右衛門
「いったぁ!後頭部が後頭部が、ふおおおおおお!」


章之進
「彦右衛門様、ふんぞり返るのはいいですが、後ろには気を付けなされ!それにここは船上にて、あまり反り返ると船から落ちますぞ!」


 こうして第二次瀬戸内海海戦の火蓋が、今まさに切って落とされようとしていた……。


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
戦国ディレクトリ
戦国に関するブログ・ホームページのサーチエンジンです。貴サイトのアクセスアップにご活用ください。
2006/09/11(月) 21:05 | URL | 戦国ディレクトリ管理者 #GCA3nAmE[ 編集]
戦国ディレクトリとの
登録カテゴリにピッタリのものがあり申さぬ。
それと頭が弱いので、ちと登録作業がよく分かり申さぬ。
今回はご遠慮させて下され。
2006/10/01(日) 16:59 | URL | 彦右衛門 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/93-18da2da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。