日本の城  日本の城能島城 伊予 二十の三
日本の城を写真にて攻め撮るのでござる。おかしな物語と共にいざゆかん戦国無双の城撮り名人の道!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の城を攻め撮れ!ー城撮り物語ー

彦右衛門
「だああ、危うく焼け死ぬとこだったぞ!」


十枡
「驚かせておけば引き下がるかと思ったけど、案外勇敢だったんだナ。」


章之進
「やっぱり使えねぇ!この害人!


十枡
「な、なんてことを言うんだナ!」


義左衛門
「それより、村上水軍が調子に乗って攻めてきますぞ!」


彦右衛門
「冷静に戦況を眺めてんじゃねぇよ!てめぇ、また一人だけ先に逃げ出しやがって!」


十枡
「まあまあ、喧嘩はよくないんだナ。大丈夫よ、もう1つ奥の手を持っているんだナ!」


章之進
「おおっ!さすが十枡!」


幸之助
「変わり身の早さは天下一品ダニ。」


十枡
「合図の鉄砲を放つんだナ!」


 ダダダーーン!


 ぎい、ぎい、ぎい!


彦右衛門
「おお、何じゃ?あの奇怪な船は?」


十枡
「朝鮮の亀甲船、コブクソンなんだナ。漂流した時に知り合った朝鮮人から、作り方を教わってきたんだナ。ちょっと強いヨ!」


村上武吉
「むう、またしても奇怪な船を出してきおって!怯むな!焙烙火矢を浴びせよ!」


 コーン!ガシャン!ポッポッ!


村上元吉
「父上!鉄板が張ってあり申す!焙烙火矢は効きません!」


村上武吉
「何い!やむをえん!安宅船を横付けして乗り移れ!接近戦ならこっちのものじゃ!」


水夫
「おう!それ、飛び移れ!」


 サクッ!


水夫
「いったあ~~~~~!!」


村上武吉
「む、いかんぞ!飛び移るな!上に覆ったムシロの下に、剣が隠されておる!」


十枡
「ふっふっふ、村上水軍敗れたりなんだナ!全軍船一斉突撃なんだナ!」


 こうして十枡率いる彦右衛門水軍は、慌てふためく村上水軍を打ち破り、村上武吉の本拠地大島に攻め込むこととなったのであった。





<亀甲船(コブクソン)>


 太閤秀吉の朝鮮出兵の際に、李舜臣に率いられた朝鮮軍が使った軍船で、15世紀初めに建造された世界最初の鉄甲船である。


 天井に鉄を貼り火矢などによる火災を防ぎ、その上に刃を突き出しておいて、乗り移ろうとする敵兵の足を突き刺す造りになっていた。


亀甲船

亀甲船の模型(村上水軍博物館)


<主要データ>

 最大速力 7ノット(時速13キロ)
 乗員   130名
 全長   34・2メートル
 幅    10・3メートル


 前の記事で載せた安宅船のデータと比べてみよう。


 全長   26メートル
 幅    9メートル
 重量   200トン
 将士   20~40人
 水夫   70~130人


blogランキングへ援軍を送る!

FC2 Blog Ranking へも援軍を送る!


日本の城を攻め撮れー城撮り物語ーを最初から読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hikouemon.blog56.fc2.com/tb.php/95-1966d27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。